家電・デジタルの話

hulu対応BDレコーダーはパナソニックのみでした。

スポンサードリンク

ダブルチューナー機、
且つ、hulu対応。
そんな52800円のレコーダーを、
52000円+10%ポイント還元、
BD-R20枚サービスで、
ハンマープライスしてきました。
BD-Rが約2000円相当だったので、
ポイントも合わせると、
実質4万円台半ば。
いい買い物ができました。
買い替え目的は、
1つは裏番組チェックのため。
同時録画を可能にすべく、
ダブルチューナーは必要不可欠。
そしてhuluは、
マルチデバイス対応が魅力の動画サービスですが、
やはり映画を見るのにスマホ、ノートPCの画面ではものたりないわけで、
そうなるとテレビで見たい。
ちなみにhulu対応のレコーダーは、
現時点ではPanasonic製品のみです。
新旧比較で一番の驚きはサイズ。
上。
BWT520(Panasonic製)
幅430mm/高さ41.5mm/奥行199mm
harulog-DCIM1640.JPG
下。
BDZ-T50(SONY製)※2007年11月発売機種
幅430mm/高さ95mm/奥行334mm
横から見るとこんな感じ。
harulog-DCIM1641.JPG
※最新のSONY機も随分小型化してはいます。
今回の買い替えで、
消費電力がカタログ値59W→21Wへ。
エコ替えということになるのかも。
HDDは250GB→500GB。
トレンドは1TB以上ですが、
まぁ十分かと。
足りない場合の外付けHDDにももちろん対応。
そして待望のテレビでhulu。
harulog-DCIM1642.JPG
huluに加入して、
レコーダーをネット接続させるだけで、
映画・ドラマ見放題。
P.S. I love youで画質チェック。
harulog-DCIM1643.JPG
なかなかのもんです。
harulog-DCIM1644.JPG
なぜネット動画サービスの中で、
hulu推しなのかという点については、
上でも書きましたが、
マルチデバイス対応であるということ。
huluはアカウントで紐づけてくれるので、
スマホでも、タブレットでも、パソコンでも、
出先のネット端末でも、
ログインできればいつでもどこでもどれでも、
見ることができます。
家で大きな画面で見て、
移動中にスマホで続きを見て、
帰宅してまた大画面で、
ということを可能にしてくれました。
その上最近値下がりして、
月額980円になったのも好印象。
作品数も急激に伸びています。
チェックしておいて損はないでしょう。
読み方は、ふーるー、です。
あと、
シングルチューナー、500GBの、
ブルーレイレコーダーであれば、
3万円台まで値下がり中ですよ。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です