あたらしもん好きなので -その1-スマホ歴代スマホ紹介

blog_import_5730235c0fe10
スポンサードリンク

いろいろ使ってみないことには、
何がいい悪いというのはわからないだろうと思い。。。
初代スマホ
AQUOS PHONE f SH-13C(SHARP製)
harulog-NCM_0038.JPG
コンパクト&おくだけ充電対応
二代目スマホ
LUMIX Phone P-02D(Panasonic製)
harulog-NCM_0039.JPG
デジカメブランド譲りのカメラ画質がウリ
に続き、
三代目に選んだのは、
medias x N-07D(NECカシオモバイル製)
$harulog-DCIM0001.JPG
mediasと言うとやっぱりこの薄さがトレードマーク。
$harulog-DCIM0003.JPG
厚さ7.8mm
周囲にメタリック素材を配置し、
高級感を演出しつつ、
ホームボタンには物理キーを採用。
harulog-DCIM0002.JPG
Xi(クロッシィ)対応で、
エリア内にいればネットは爆速です。
harulog-DCIM0005.JPG
電池容量は1800mAhで、
夏モデルの中では大きい方ですが、
バッテリーがなくなるのはやっぱり早いです。
ただ、急速充電対応で、
満充電になるのも早いです。
防水、
おサイフケータイ、
ワンセグ対応。
伝言メモも搭載されました。
harulog-Screenshot_2012-07-24-10-52-42.png
ドコモには無料の留守電サービスがないので、
この機能は必須。
とにかくサクサク動きます。
今まで散々、
「ピンクのを選ぶ!」
とのたまってきたのですが、
初めての白。
まぁ夏ですし、
爽やかな感じでいいかなぁと。
スマホを買ったらまずは諸々を設定。
プリインストールアプリを、
アンインストールしたり、
無効化したり、
消費電力を抑える設定に変えたり。。。
そんなチマチマした作業をしておくと、
バッテリーの持ちがグンとよくなったりするんです。
そしてそんなチマチマした設定作業が楽しすぎる(笑)
夏に販売されるスマホは、
CPUの進化やバッテリー容量増などが注目点ですが、
やっぱりAndroid4.0搭載というのも大きな変化。
次はOSの話。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です