テザリングで通信料節約。

blog_import_573023669a6da
スポンサードリンク

Xiになって気になっているのが、
テザリング機能。
WiFiの親機になれるので、
僕の場合はPCや、iPodtouchを、
ネットに繋ぐことができるようになります。
ただ、気になるのが通信料。
$harulog-Screenshot_2012-07-24-10-52-03.png
月7GBまでが5985円。
それを超えると遅くなります。
ただ、2625円を追加で払うことで速度は戻ります。
じゃあ7GBってどのくらいなのかって話なのですが、
動画を見過ぎたりしていない限り、
なかなか達しない数値だと思っていいと思います。
8日間使って、現在0.5GB。
7GBへの道のりは、
ありがたいことに、険しい(笑)
さらに、9月までは7GBを超えても、
速度は落ちません。
なので、今のうちに、
テザリングで繋ぐだけ繋いで、
もしも7GBに達しないのであれば、
僕が今使っているUSBデータ通信端末や、
大ヒットしているPocketWIFIなど、
別の端末を契約しなくてもよい、
ということになります。
よって通信料の節約につながる可能性があります。
さて、
テザリングを使用すれば、
当然バッテリーの減りは速くなります。
$harulog-NCM_0032.JPG
ただでさえバッテリーの減りが速いスマホ。
電源があるところであれば、
写真上のアダプターを付ければよいのです。
しかし、どこでも電源があるわけではありません。
そうなると用意しておきたいのが、
写真下のモバイルバッテリー。
あらかじめ充電しておいたバッテリーで、
スマホなどを充電することができます。
いろいろ見てみたのですが、
ドコモのオプション品「ポケットチャージャー」がいいです。
モバイルバッテリーで見てほしいのが、
容量が何mAhかというのと、
出力が何Aかというところ。
容量が大きい方がたくさんチャージできるし、
出力が大きい方が速くチャージできます。
ポケットチャージャー01が、
2500mAhで出力が1Aで、
1890円。
ポケットチャージャー02が、
5000mAhで出力が1.5Aで、
3465円。
この容量、出力を踏まえた上で、
いろんな製品を見てみると、
いかに割安かがわかると思います。
01が1回分、
02が2回分充電できます。
※それぞれの機種のバッテリー容量によります。
僕は01のほうを買ってみましたが、
今のところ、
アダプターとポケットチャージャーのコンボで、
バッテリー切れに悩むことはなくなりました。
カタカナ用語が多くてややこしい記事になってますが、
ちゃんと読んでいただくと、
サイフを助けることにもなる「かも」しれません♪
スマホを便利なものにできるかどうかは、
使い手次第なのです!!
がんばって、使いこなしましょう(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です