イタリア旅-ナポリの街並みとカプリ島で青の洞窟も!

blog_import_5730238c40a96
スポンサードリンク

「カップチーノ、ワン、ワン」
$harulog
犬か。
カプチーノください(カプチーノペルファボーレ)
が言えず、到着早々イタリア人を困らせる。
グラッツィエ。
添乗員さん曰く、
「今回のツアーは下見です」
見どころを盛り込んだ代わりに、
各都市の滞在時間が短かったり、
フリータイムはほとんどなし。
とはいえ終わってみたら、
大大大大大……….大満足の旅でしたけどね(^^)
あっという間に過ぎ去った、
イタリアでの一週間をしみじみ振り返ります。
初日は成田からFINNAIRに乗り、
ヘルシンキ空港経由でイタリアへ。
ローマのホテルにチェックインして終了。
------------------------------------------------------------—
2日目、青の洞窟体験!!
ローマからバスに揺られ、南へ3時間。
ナポリに到着。
ナポリの見どころ、
「王宮」
「プレビシート広場」
「ウンベルト1世のガレリア」
「カステル・ヌオヴォ」
をバスの中からサラッと眺めながら(笑)
ベヴェレッロ港へ。
そこから船で40分。
$harulog
ナポリから約30kmの海に浮かぶ島、
↓カプリ島へ。
$harulog
↓丘の上に広がる街並。
$harulog
↓島の入り口、マリーナグランデ。
$harulog
↓軒を連ねるカフェ。
$harulog
↓特産品のレモンを使ったリキュール、
「リモンチェッロ」と、
$harulog
↓サンダルが名物。
$harulog
↓島の中心地、カプリからの眺望。
$harulog
カプリは高級リゾート地で、
高級ブランド店なども充実しています。
↓いずれかがフェラーリ会長の別荘らしい。
$harulog
↓崖の上のほうに、、、
$harulog
↓建てますかね。。。笑
$harulog
↓セレブたちの水の戯れ。
$harulog
沖にはかなりの数のプライベートヨットがあり、
デッキには真っ黒に日焼けした水着姿のセレブたち。
日焼けはセレブのステータスみたいなとこもあるようで、
日焼け止め塗ってるのは日本人くらいのもんでした。
さて。
メインイベントの青の洞窟へ。
数千年かけた海の浸食により形成された洞窟で、
波が穏やかで晴れの日に洞窟内に入ると、
神秘的な青色を見ることができるというもの。
天候次第なので、見られるかどうかは運。
今日がダメなら明日、
というわけにはいかないのでチャンスは1回のみ。
見られない不安もあったわけですが、
これまでの写真を見てわかるように、
快晴、波も穏やか!
日頃の行いのよさが出ました(笑)
マリーナグランデからボートで20分。
青の洞窟入り口付近に到着。
世界中から見たい人たちが集まるので、
↓渋滞中。
$harulog
↓なかなかハケず、結局1時間待ち。
$harulog
↓ちなみに洞窟への入り口は、
$harulog
こんなに狭いので、
波が穏やかでないと中に入れないのです。
さ、メインディッシュまで長くなってしまいましたが、
洞窟で見られる、世界一美しい青をご覧頂きましょう。。。
ワンツースリー♪
$harulog
harulog
harulog
$harulog
数千年の時間と海水の透明度が織りなす芸術。
うっとり。。。
まばゆい青に感動!!
洞窟内には5分ほど滞在できます。
(それ以上は蒸し暑いから居たくない!?笑)
無事見ることができ、
バタバタと帰港。
バタバタとパスタを食べ、
ブランドショップを巡る時間もなく、
バタバタとナポリ行きの船に乗る。
そのあたりが今回の「下見ツアー(笑)」
さぁ、明日はローマ、ヴァチカン観光です。
おまけ。
ナポリーカプリ間の船では、
ドラゴンボールが上映されてました。
$harulog
日本のアニメもかなり放送されているそうで、
ドラえもんが「ボンジョルノ」とか言ってるらしいです(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です