ベビービョルンの使い方とメリットデメリット。前抱きがいい感じです。

blog_import_57302cf1466e6
スポンサードリンク

抱っこひもの話。
街中を徒歩移動する時は、
ベビーカーは重たいので、
抱っこひもで移動することがほとんどです。
いろんなメーカーから、
いろんな種類のものが出ている上、
パッと見、形状が複雑に見えるので、
どれを買うか悩みがちなのが抱っこひも。
エルゴ、ベビービョルン、スリングあたりで悩んでたんですが、
うちは妻の友人の方からお祝いでいただいた、
ベビービョルンの抱っこひもを使っています。
↓こういうモノです↓
<ベビービョルン公式サイト掲載動画>


ベビービョルンのよいところは、
「生後すぐ使える」
「ヘッドサポート(頭と首の支え)がしっかりしている」
のと、
3つ目の「前抱きできる」ところ!!

首が据わって体がしっかりしてくると、
前抱きできるようになるんですが、
パパ的にこれがまぁありがたい!!
次から次に変わる景色に興味津々で、
ほっとんどの時間をご機嫌でいてくれるし、
眠たくなっても息苦しくないのですぐに寝てくれます。
あかちゃんがぐずついた時、
パパはたいてい抱っこしながらあたふたするのみ(笑)
この前抱きのおかげで、
僕はあたふたしなくなりました(^^)
(※あくまで個人の感想ですが)
パパと前抱きの相性は抜群なようです♪
歩いてるうちに、
気がついたら寝てることもしばしば。。。

普段はいやがる帽子をかぶせてもこの通り☆

トラの帽子はH&Mで500円くらいで売ってました♪
ちなみに口元にスタイ(よだれかけ)か、
ガーゼ、タオルなんかを置いとかないと、
よだれでびっしょびしょになるので、
その点だけご注意を。
ちなみに、エルゴからも前抱きできるものが出た模様!
エルゴはひもにクッション性があるので、
長時間着用しても肩がつらくないようです。
それに比べると、
ベビービョルンのひもはペラペラなので、
食い込みやすいという側面もあります。
(追記:ベビービョルンoneは肩ひもクッション多めとのこと)
が、腰をしっかりサポートしてくれるので、
そんなにツラくもないです。
嫁は「シンプルな作りでいいかなぁ」と言ってます。
抱っこひもというと、
頻度で言えばママが使うことが多いのかもしれませんが、
ぜひとも男性にも興味を示してほしいアイテムです。
さぁ、殿、どれにしましょうか??(^^)
ベビービョルンHP→http://www.babybjorn.jp
エルゴHP→http://www.ergobaby.jp
スリング(北極しろくま堂)HP→http://www.babywearing.jp/netshop/sling/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です