自分のこと・考え方の話

伊達男・染五郎さんの伊達の十役。

スポンサードリンク


市川染五郎さんの2月花形歌舞伎
「伊達の十役」

今日感インタビューや、
FM福岡の博多座特番でご一緒させてもらったので、
予習バッチリで見てきました。

早替え、
資料映像で見てたし、
凄いと噂でも聞いてましたが、
想像を上回りました。

ファンタスティックで
アメージングで
アンビリーバブルです。

なぜ!?
いつのまに!?
どうやって!?

の連続でした。

染五郎さんひとりで十役を演じ、
40数回の早替えをこなし、
宙乗りも決め、
4時間あまりの舞台があっという間に感じるほど、
魅せてくださいました。

イリュージョンと言っても過言ではないです。

でも早替えの手法などは、
伝統的な歌舞伎の動きによるものだそうです。

歌舞伎の舞台なのに、
染五郎さんが登場するたびにどよめきが起こります。

歌舞伎でどよめき(笑)

あと、冒頭で染五郎さんが、
登場人物や物語について話してくださるんですが、
福岡に浅からぬ縁がある染五郎さんだけに、
かなりの博多アレンジが加わってました。

“すごい”
を感じませんか?

詳しくはコチラ博多座・伊達の十役HP

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です