大刀洗平和記念館。

blog_import_5730309ea15f2
スポンサードリンク

先日地上波で放送された、
映画「永遠の0」を見ました。
祖父の人物像を探る中で、
戦争が、特攻が、どんなものだったのかが、
描かれていました。
映画の中で、
(あくまでフィクションの世界ですが…)
ある若者(馬鹿者)が、
「自爆テロと特攻は一緒」
と語るシーンが印象的でした。
僕はそれらが同じだなんて思わないにしても、
「特攻とは」「戦争はいけない」ということを、
語れないのはよろしくないので、
すぐに大刀洗平和記念館に行くことにしました。
零戦が展示されていました。

コックピット内を覗くこともできます。

温もりも、彩りも、快適性も何も感じられないこの場所で、
どんな想いで操縦桿を握っていたのでしょう。。。
特攻に出ることになった若者たちの手紙を、
一言一句漏らさず読みました。
親に宛てた手紙。
「特攻に行くけど笑顔でいてほしい…」
「国のために死ねることが親孝行…」
など、現代では考えられない文言が並びます。
達筆で、素晴らしい文章で、
いかに立派な教育が為されていたかが伝わってきます。
そんな次世代を担う若者たちが、
次々と特攻隊員として飛び立ち、散っていったわけです。
死ななくてよかったはずの善良な国民が、
死にたくないと言えなかった70年前。
遺された手紙や遺品を見ていると、
戦争やそれを強いた国に対して、
怒りが湧いてきます。
その怒りの感情を持てただけでも、
行ってよかったです。
過去を知らなければ、
同じ過ちを繰り返すかもしれません。
知り、感じ、次へ伝える。
知るべきことはたくさんありますが、
少しでも知ることができる場所が、
近くにあってよかったです。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です