AQUOS Xx2と、AQUOS ZETA SH-01H比較。

blog_import_57303133b7f91
スポンサードリンク

左からAQUOS ZETA SH-01H、
真ん中がXPERIA Z5 compact、
右がXPERIA Z5。
(いずれも今日の時点で未発売)

2015年冬春モデルが、
ぼちぼち出てきてますね。

細かいスペックの差は専門サイトに任せるとして…

1度シャープの三辺狭額縁「EDGEST」端末を使うと、
その他メーカーの端末の液晶の上のスペースが、
ムダに見えて困ります( ´_ゝ`)

正直、今回docomoとSoftBankから発表された、
AQUOS上位2機種は、
かなり「そそられる」仕上がりです。

SoftBank AQUOS Xx2。

アルミフレームで厚さ7.9mmの一枚板デザインは、
iPhoneやXPERIAらしくもある。

しかもXPERIAの人気色だったのにもかかわらず、
最近はXPERIAが放棄(?)したパープルをラインナップ。

ホワイトも悪くないんですが、
液晶側のベゼルもホワイトだったら尚よかった…

アルミフレームは丸みのある仕上がりに。

ここがdocomo版と違うところ。

続いてdocomo AQUOS ZETA SH-01H。

メインカラーはブルー。

docomoにはピンクを用意。

アルミフレームは、
真ん中がちょっと角張った仕上がり。

好みが分かれるところ。。。

docomo版、SoftBank版ともに、
ハイスピードIGZOという、
これまでより残像感のないなめらか表示を可能にした、
新液晶を搭載。

カメラ画素数は、
アウトカメラが1310万画素で、
画素数自体は他メーカーより少なめ。

だーけーどー。
レンズがこれまでの5枚から6枚に増え、
歪みのない写真が撮れるようになり、
オートフォーカスも高速化。

インカメラは画素数が800万画素で、
他メーカーよりも高画素化を果たしました。

シャープさん、いい端末作ってます。

会社がバタバタしてて、
いつまでスマホ事業が続くのか心配なだけに、
これが売れて、立て直してくれたら良いのですが。。。

冬春新端末で何がいいかと聞かれたら、
今シーズンは(も!?)AQUOS推しです!!!!

※カメラ画素数が、
XPERIA Z5は2300万画素、
AQUOSは1310万画素だから、
XPERIAのほうがいいですよね?
という質問がありまして、
その人に答えたことを、
そのままコピペしておきますね。
参考になれば。。。

カメラ画素数=高画質ではなくて、
画素数が高いと、
それだけ大きな写真が撮れますよ、
ということなのね。

で、2300万画素の写真を撮るとすると、
撮影データがでかすぎて容量を圧迫するし、
データ通信料がかさんじゃうから、
結局撮影データサイズを小さくする設定にするじゃない??

すると、
その時点で2300万画素も使わない撮り方をしてるわけです。

実際、スマホ内で楽しむとか、
SNSなどで楽しむとすると、
撮影サイズをスマホ画面のフルHDサイズにしたとすると、
800万画素のあれば充分と言われてるので、
画素数が高いとよさ気に見えるのだけど、
その辺も気にしてみて♪

もちろん、
ポスターサイズにプリントアウトして使う、
という用途があるならば、
高画像化はウェルカムだけどね♪

ちなみに新型AQUOSは、
秒間120コマ撮影ができるので、
他機種よりなめらかな動画が撮れるよ♪

せっかく予約したのに、
悩ませるようなこと言って申し訳ない( ´_ゝ`)

以上コピペ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です