いまごろiMovie10にアップデート。

blog_import_57303150e13cf
スポンサードリンク


Macユーザーが使う、
無料動画編集アプリ「iMovie」
映像素材の切り貼り、
音量調節、
テロップ入れ、
音付けなどが、
簡単にできるので重宝します。
現行のバージョンはiMovie10なのですが、
1つ前のバージョン9から使い勝手が大きく変わること、
慣れもあり9の方が機能的にも必要十分だと思い、
アップデートせずにおりました。
が、旧バージョンと、
新OSの相性がいまひとつよろしくなく、
仕方なしにアップデートしました。
アップデートして一番後悔したのは、
テロップをパッと出して、パッと消せなくなったこと。
全部ふわっと出て、ふわっと消えるものばかり。
会話を追うテロップはそれじゃあ使えないんですよね。。。
でも、未来は前にしかない!!
いいところに目を向けてみましょう。
写真アプリケーションと連動してるので、
動画の取り込みがラクになりました。

これまでは、写真アプリにあるものを、
iMovieに取り込み直す作業がありましたが、
それがなくなりました。
サウンドエフェクト(効果音)が、
たくさん入ってます。

ざっくり400種類のサウンドエフェクトがプリイン。
全部確認するのが大変(笑)
タイトルの効果自体は増えてます。

コレちょー大事!

編集したデータを出力できるアプリケーションの中に、
iTunesが!!
これで、効果音を自由に作れるようになります!!!!
とまぁ、
無料でここまでできれば御の字なのですが。。。
細かいところまで行き届かないのも事実。
Final Cut Pro Xの購入ボタンを、
押したくても押せない日が続いています。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です