格安SIM、はじめました。

blog_import_573031e002ada
スポンサードリンク
格安SIM、使ってますか?
(というか詳しくご存知ですか??)
簡単に言うと、
大手キャリアのネットワークを借りた会社(MVNO
)が、
大手キャリアよりもお得な料金で提供しているサービスのこと。
MVNOが発行する格安SIMを使えば、
スマホにかかる月額利用料を、
大幅に節約することも不可能ではありません。
実際使ってみました。
格安SIM、大アリです。
使わない手はないです。
【僕の場合】
SIMフリー端末を用意しました。
ビックカメラでBIC SIMを買いました。
ネットで開通作業(利用登録)しました。
格安でネットが使えるようになりました。
以上。
これだけです(´・_・`)
もうちょっとくわしく言うと。。。
BIC SIMのサービスを提供しているのは、
IIJmioという通信会社です。
通話ができて、
ネットは5GB使えるプランが、
{93B95187-A38F-4E9A-994C-E134F1E35CFB:01}
月2220円(税込2397円)です、ナント。
 
僕のは通話はできないけど、
SMSとネット5GBができるこのプランで契約。
{71F8B5FD-D887-4378-971E-1C880D18C7A6:01}

月1660円(税込1792円)と格安。

※SMS&データSIMは2台目にピッタリです。
※SMS&データSIMでないと、
一部のスマホでうまく電波を拾えないという問題が起きています。
※SMS&データSIMには電話番号が付与されているので、
LINEアカウントを増やせたりもします。
便利なアプリも用意されていて、
「みおぽん」というアプリを使うと、
{92194951-5D7E-4147-9A9A-9E813803A04D:01}
その月の高速通信(225Mbps)できるデータ残量(上の数字)がわかります。
{0FF3936A-B2CC-42C4-A942-F7A98A3260C9:01}

下は高速通信ON/OFFスイッチで、

ONにしている間は225Mbpsでジャブジャブ通信して、
OFFにしておけば、
低速通信になるかわりに無制限でネットができます。
つまりは5GB分、
高速通信できる権利を持っていて、
使い切ったら低速通信。
利用環境に合わせてON/OFFを切り替えることで、
高速通信分を無駄遣いすることもない、
というシステム。
5GB約1800円というのは、
大手キャリアに比べたら激安です。
いいことづくめです。
ですが。
心配なとこも言っとくと、
※何かあった時に駆け込む店舗や窓口がない
です。
※ドコモ回線を使うわけですが、混雑時は極端に遅くなるという話も!?
(今のところその症状は出てません)
※大手キャリア並の通話定額はまだ実現できてません。
。。。
そのくらい、かなぁ。
だから、通話メインの大手キャリア端末と、
ネットメインのSIMフリー端末の2台持ちとか、
個人的にはすごくバランスがいい。
僕はメインの大手キャリア端末のプランを、
5GB(5000円)から2GB(3500円)に下げることで、
浮いた1500円分をSIMフリーに充てました。
結果、料金はほぼ変わらず、
7GB使えるようになりました。
(データ増量でデータ単価減という節約)
本当はメイン端末をSIMフリー化して、
さらなる節約を試みたいですが、
それはまた次の機会に。。。
最近、
SIMフリー端末のおサイフケータイに、
とうとうSuicaが対応しました。
これはビッグニュース。
おサイフケータイ対応の高機能端末が増えてくれば、
2016年はMVNO躍進の年になること間違いなし。
よくわからないから使わない、
は、非常にもったいないことになる、
と、強く申し上げ、
締めとさせていただきます。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です