楽天モバイル福岡初上陸を機に格安SIMを調査!イオンモバイル編!

20160527-183919.jpg
スポンサードリンク

僕のブログでは何度か、
ケータイスマホ料金の高さについて、
愚痴をこぼしてきました。

とはいえ、
なんだかんだ言いながら、
メインは大手キャリアのものを使っていました。

ただ、
そろそろメイン端末も、
格安SIMに引っ越ししようかと思い、
本気でいろいろ調べてみました。

楽天カードユーザーの僕にとって大本命の、
「楽天モバイル」については、

楽天モバイルが天神地下街にオープン!このプランで家計を節約!


↑このブログで詳述してます。

しかし、
格安SIM会社は雨後の筍のごとく増え続け、
サービス内容、料金なども、
多種多様、十人十色の今、
一択で決めてしまうのはもったいない!

というわけで、
次に気になっている、
「イオンモバイル」について調べてみました。

先に書きます。
イオンモバイルのいいところは、
・ドコモ端末はそのまま使える!
・料金プランが豊富すぎ!
・解約料ゼロ!
・イオン店舗に窓口があるので初心者も安心!
・高速LTE通信において3日制限がない!
(低速通信モード利用時には3日制限あり)
というところ。

イオンモバイルの惜しいところは、
・通話定額プランがない。。。
以上。

要するに、
通話はほとんどしないけど、
ネットはたくさんしたいという人には、
有力な選択肢になります。

特に、
スマホとタブレットを併用している人も、
イオンモバイルは無視できません。

それから、まず知っておきたいのは、
格安SIMには、
通話もネットもできる「通話SIM」と、
電話はできないけどネットはできる「データSIM」、
があります。

データSIMは、
SIMが挿せるタブレットやパソコンで、
利用できるものになります。

自分に合うものはどちらかを、
見定めなければなりません。

でも、めげないでください。

月額8000〜10000円くらい払っている人であれば、
めんどくさがらずに理解し、
格安SIMを利用できれば、
2年後には10万円近く浮かせることができます!
1人で10万弱ですよ!!
(↑※一応、個人差はあります(^^;;)

では、見ていきます。

イオンモバイル通話SIMのプランがこちら。
20160527-183919.jpgこの値段で、通話もネットもできます。
何と言ってもデータ容量を刻んだ、
プランの豊富さが魅力です。
そして、大手キャリアに比べて、格安。

だから「格安SIM」なんです。

上の金額プラス、
使った分だけの通話料(30秒20円)が、
毎月の支払い額になります。

ドコモを使っている人は、
端末をそのまま使えるので、
端末代金などは発生しません。

なぜドコモ端末はそのまま使えるのかというと、
イオンモバイルがドコモのネットワークを借りて、
サービスを提供しているからです。

大手キャリアのネットワークを借りて、
サービスを提供しているのが、
格安SIMなんです。

なので、
格安SIMのエリアに対する不安は、
心配いりません。

ここでやらなきゃいけないのは、
・現在の毎月の利用料×キャリアに縛られている月数
と、
・格安SIMでの月額利用料×キャリアに縛られている月数+大手キャリアの解約料
の、どちらが高いのか、安いのか、です。

格安SIMに切り替えたほうが安いのであれば、
解約料を払ってでも乗り換えたほうがお得ということになります。

次はデータSIMプラン。
20160527-183931.jpgタブレット利用や、
スマホ2台持ちだけど通話できるのは1台だけでいい、
という人にはこのSIMがオススメです。
格安ですね。

最後にシェアプラン・3回線セット。
20160527-183950.jpgこれは、通話できるSIMが1枚、
データSIMが2枚、
計3台の端末でデータシェアできる、
というプランです。

スマホ+タブレット2台を、
上の料金で利用できます。

格安。

さらに押さえておきたいのが、
20160527-184006.jpgこの3点。

おさらい。

通話をほとんどしないのならば、
もうこれで決めていいのではないかと。。。

でも、
通話料が不確定なのって、
毎月の料金が定まらないので、
いやなんです、僕は。

だから、
通話SIMは別のところがいい。

でも、データSIMはここでいいかもです。

次回は、
完全通話定額プランを提供する、
もしもシークス編です。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です