就活は生きる限り続くので落とされないためのES書き方まとめ。

スポンサードリンク

スクリーンショット 2016-08-09 0.49.40
2015年12月7日号の日経ビジネスを、
今ごろ読んでしまっています。

気になる記事は破って取っておいて、
あとで読もうと思っているんですが、
なかなか。。。(^^;)

この号で気になっていた、
就職活動時に避けては通れない、
【エントリーシートの書き方】
【グループディスカッション】
を人事がどう見ているかの記事。

みなさんは経験ありですか?

僕は本格的な就職活動自体はしたことがないので、
エントリーシート(ES)を書いたこともなく、
(オーディションシートはありますが、似てるのかな?)
グループディスカッション経験もありません。

ただ、知っておいて損はないだろうし、
生涯何かしらの仕事をし続けなければならない中、
自己アピールの機会は何度でも訪れるはず。

ということで、
まとめとくことにしました。

今回は【エントリーシート】について。

エントリーシートには、
自身の情報、学歴、経歴、職歴のほか、
志望動機や自己PRに関連した内容を書くことになりますが、
まず落とされちゃうエントリーシートの特徴は、
【文字が少ない・小さい】
【他社名が書いてある・商品名が間違っている】
【写真がない・ふざけた写真になっている】
【実績が書いてあるが、すごさがわからない】
【社会貢献が第一の目的になっている】
【内容がコピペっぽい(社名などを変えれば他社でも使える内容)】
なんだとか。

1つ目の、
【文字が少ない・小さい】は、
・少ないとやる気を感じない。
・文字が小さいと読みにくく、読むのに時間がかかるのでパス。
・誤字脱字、修正液での修正、ボールペンでの黒塗りはNG。
パッと見た時に「読める」「読もう」と思わせる文字量・サイズで、
誤字脱字がないように丁寧に書く必要がありそうです。

【他社名が書いてある・商品名が間違っている】については、
・証券会社に対して”御行”とミス。
・ライバルメーカーの商品のことを書いてしまうのは致命的。
この点については、
スポンサーさんが絡む仕事では様々な縛りがあったりするので
よくわかります。

【写真がない・ふざけた写真になっている】は、
・ふざけている写真は論外。
・部屋の家具が背景に写り込んでいるのもダメ。
ちゃんと写真館で撮ってもらうのがよいのかもしれません。
お金をかけて写真を撮ってもらったほうが、
その1枚に対する自分の真剣度も上がりますし。
あと過度な写真修正もダメなんですって。
ESで通っても、面接で会った時にギャップがありすぎると、
「誠実さがない」と判断されるからなんだとか。

【実績が書いてあるが、すごさがわからない】は、
・「100人をイベントで集めた」
 「バイト先の売り上げを2倍にした」
 と書かれても、プロセスがないからすごいのかよくわからない。
・そのプロセスを選ぶに至った考えが伝わらないのも、
 本人がどんな人か感じられないから落とす。
プロセスと結果、
そこに自分の思いも織り交ぜて書きたいですね。

【社会貢献が第一の目的になっている】
・綺麗ごとすぎるESは低評価(という担当者もいる)
「社会貢献は否定しないが、それならNPOやボランティアでやって」
だそうです(^^;)
確かに、社会に貢献させられてこその仕事ですが、
“会社に貢献する”という気持ちを忘れちゃいけません。

【内容がコピペっぽい(社名などを変えれば他社でも使える内容)】
・ES事例集に出てくる文面だと疑われるものは落とす。
ということは、自分が書いたものが事例集に似ていてはまずいので、
事例集マニュアル自体を知っておくことも大事ですね。

会社の人事担当者の性格によっても、
どこを見るかは変わってくるでしょうから、
コレという答えはないですが、
この辺りを最大公約数だと踏まえて、
自分らしさを出していくとよいのかもしれません。

ESじゃなくても、
履歴書を書くときにも、
気をつけて書いてみるとよさそうです。

とはいえ、
自分の売りを書いてみようと考えてみると、
なかなかペンが進みません。

自己評価より他己評価。

周りの人に自分がどんな人間か聞いてみると、
新たな自分の発見があるかもしれませんね。

でも、自分がどんな人間か。。。

怖くて聞けない(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です