【レーウェンフック式スマホ86顕微鏡】夏休みの自由研究にオススメです。

スポンサードリンク

スクリーンショット 2016-08-13 17.13.16
夏休みの自由研究にも使えそうですし、
何より、使い出すとハマってしまうのが、
【レーウェンフック式スマホ86顕微鏡】

スマホやタブレットのインカメラを使って、
様々なものを86倍に拡大して見ることができるキットです。

高精度光学ガラスのボールレンズと、
レンズブラケット(レンズを固定する土台)
PET樹脂製の円形プレパラートがセットになって、1598円。

ピンセットやスポイトなども付属した充実版が、3456円です。

やり方はカンタン。
IMG_2328
レンズブラケットに、
4mmサイズのボールレンズをはめ込みます。

その上にプレパラートを乗せ、
インカメラの上に装着すれば準備完了!

あとは見たいものを探して、
光学86倍の世界を楽しむだけ♪

例えばニット。
IMG_2267

ティッシュ。
IMG_2265

黒髪。
IMG_2261

染めた髪。
IMG_2262

岩塩。
IMG_2271

ろく助の塩。
IMG_2273

普通の塩。
IMG_2274

セロテープで採集したホコリ。
IMG_2278

葉っぱ。
IMG_2290

セロテープでアリを採集。
IMG_2296

Sponsored Link




節々までよく見えます。
IMG_2294

うまくピントを合わせれば、もっと寄れます。
IMG_2297

にっくき蚊。
IMG_2081
き、きもちわるい。。。

でも、これがリアル。


レンズをスマートフォンやタブレットのカメラ部分にセットするだけ。

レンズは明るく高精度な日本製の光学ガラス。
スマホのデジタルズーム機能を利用すれば最大約344倍に。

角が無く、割れにくいプラスチック製スライドガラス。
小さなお子さんも安心して使えますが、
表面に傷がつきやすくもあります。

みんな一緒に、大きな画面で観察できます。

観察しながら、写真・ムービーを撮影。
SNSで共有したり、自由研究にも使えそう。
写真をプリントアウトしてもよし、
詳細に描写してみてもよし、
どこにどんな生物がいるかを探してみてもよし。

《この顕微鏡で見て楽しめるもの》
植物の細胞やミジンコなどの微生物、
も類、クマムシ、昆虫、鳥や蝶などの羽、
花の雄しべ・雌しべ、メダカなどの卵、
パン、米、果物や野菜の切断面、魚のうろこ、
塩・砂糖・七味などの調味料、
人のほほの細胞、髪の毛、紙や布など繊維、
金属や岩石の表面、結晶など。。。

オランダの科学者、
アントニ・ファン・レーウェンフックは
高倍率の顕微鏡を発明した人。

細菌などの微生物や、
赤血球、水中の原生生物などを初めて観察することに成功し、
「微生物の父」と言われているそうです。

【スマホ86顕微鏡】があれば、
理科の授業で顕微鏡を覗く時の、
あのワクワク感が蘇ります。

顕微鏡がなくても、
肉眼で見えなかった世界が広がります。

海に行く時、
山に行く時、
川に行く時、
森に行く時に持って行きたい。。。

自然よりも都会が好きな僕ですが、
ちょっと自然がある場所に出かけたくなりました(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です