大竹しのぶ怪演【後妻業の女】は愛と金について考えさせられる映画でした。

スポンサードリンク

IMG_4743
8月27日(土)いよいよ公開となる映画、
『後妻業の女』

黒川博行さんの「後妻業」が原作。

映画「愛の流刑地」の鶴橋康夫監督が、
熟年離婚増、婚活大国のニッポンに贈る、
原作にはない世界感で描き出す”人間喜劇映画”です。

資産を持つ独身老人の後妻となり、
遺産をごっそりといただいては、
また次のカモを探すワルイ女・小夜子を演じるのが、
可愛さと色気がとどまるところを知らない大竹しのぶさん!

後妻業で儲けるべく小夜子と結託して、
裏であやつる結婚相談所の所長・柏木役を豊川悦司さん。
作品中ではワルイ男をおもしろスマートに演じます!

証拠を残さずやってきたはずの小夜子・柏木に、
疑惑の目を向け調査をする探偵役に永瀬正敏さん、
資産家の娘役に尾野真千子さん!

大竹しのぶさんと尾野真千子さんのぶつかり合い、
大竹しのぶさんと某役で登場する笑福亭鶴瓶さんとの絡み、
豊川悦司さんと永瀬正敏さんのイケシブメンのやり取りなどなど、
どれも大人の色香と可笑しみに満ちたシーンの連続!

犯罪がベースになっているはずなのに、
笑いが止まらない軽妙な世界観!!

“ショウゲキ”のラスト!!!

こんなラストを誰が予想できようか。。。

資産家が小夜子の美貌にやられ、
次々と犠牲になっていきます。

彼らは被害者なのか?
愛とは?
しあわせとは?

喜劇でありながら、
見る者に深い問いを投げかけてくる、
見ごたえある作品です。

【後妻業の女】
8月27日土曜日全国ロードショー。
おすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です