アプリでiPhoneをシンプルメニューにすればらくらくスマホの完成です。

スポンサードリンク

IMG_1182
今まで結構古いガラケーを使っていた両親が、
なんと揃ってスマホデビューしました!!

父のケータイが故障したらしく、
そのタイミングで一緒にスマホにしちゃったそうで。

今までスマホとか使う気なかったはずなので、
おそらく孫の写真を撮りたいとか、
そういった心理は働いたはず。

孫の力はすごいです(^^;;

らくらくスマホは、
シンプルなメニュー構成、
ボタン押下感のあるタッチ液晶、
よくよく見てみるとFeliCa対応、
LINEもできます。

アプリが何でも使えるわけではなさそうです。

そこそこの機能で、
そこそこのサービスを使える仕様の、
らくらくスマホ。

LINEができるようになったので、
今までのガラケー宛のメールでは送れなかった、
サイズの大きい写真なんかも、
スムーズに送ることができそうです。

早速孫の写真を送ってあげられるように、
両親と妻と僕でLINEグループを作ってみました。

これで写真のやり取りがラクになります。

Sponsored Link



さて、デジタル端末の操作は得意な僕ですが、
らくらくスマホの操作は、
結構難しいし、
直感的に操作できないな、
というのが正直な印象。

操作ミスを減らすため、
2度タッチしなくちゃいけなかったりで面倒だし、
(通常タッチ操作にも設定可能)
ビジュアル的に表示メニューも絞られているので、
どこに何が隠れているのか、
パッとわからない。

結局慣れが必要です。

じゃあ、普通のスマホに慣れるのと、
らくらくスマホに慣れるのとで、
労力が変わってくるのか?

おそらく、労力は変わりません。

初めて使う人は、
どちらを使おうが慣れるまでは大変です。

慣れてしまえば簡単です。

らくらくスマホ的なシンプルメニューがよければ、
Android、iPhone用のシンプルメニューアプリがあるので、
それを使うという手もあります。

スマホが難しそうだと感じてる人のデビュー端末として、
らくらくスマホの人気があって売れ続けてるのもわからなくはない。

でもじゃあ、
『真のらくらくスマホとは?』
と考えてしまいました。

そして、解けました。

それは、
【使い方を相談できる人が持っているスマホと同じもの】
が本当のらくらくスマホなんじゃないかと。

使い方がわからなかったら人に聞けばいいわけで、
相談しやすい人と同じものを使っていれば、
教える方も教わる方も簡単です。

スマホの操作が得意そうでない義理の母も、
今ではiPhoneを使えてますからね。

母のLINEアカウントを作った途端に、
母宛に義母からのスタンプが届いたのには、
ちょっと感動しました(笑)

周りに使ってる人が多い機種はなにか。
結局、日本では過半数のシェアを持つ、
iPhoneが”らくらくスマホ”ということになるのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です