LINEモバイルのプラン・料金・契約方法を調査!年齢認証可!

FullSizeRender 2
スポンサードリンク

ついにスタートした【LINEモバイル】

いわゆる格安SIMです。

LINEがドコモの回線を借りて、
独自の通信サービスを提供します。

格安SIMに興味が湧いてなかった人でも、
『LINEがやってるなら』
という理由で使ってみようと思うこともあるのでは?

結論から言えば、
【LINEモバイルはアリ】
だと思います。

ただし、
【加入手続きがめんどくさい】
と思ってしまうかもしれません。

そのあたりのことは後ほど書くとして。。。

LINEモバイルのプランは大きく分けて2つ

まずは【LINEフリープラン】

スクリーンショット 2016-09-06 15.04.09
・データ量は1GBで月額500円
・SMS(ショートメール)できるプランなら月額620円
・通話もしたい時には月1200円(通話30秒ごとに20円加算)
でスマホを利用することができます。
FullSizeRender 6
このプランは【LINE】での通信をカウントしません。
つまりはLINEの通信では1GBが減らないということ。
なので、LINEだけしかしない人は、
格安中の格安SIMが登場したことになります。
FullSizeRender 18
LINE以外のデータ通信をして、
1GBを使い切ってしまったら、
200kbpsの低速通信になりますが、
LINEだけは高速通信できます。

例えば、
実家の祖父母との連絡用とか、
LINE専用端末を作る、
という使い道などを考えた時には、
このプランは月500円しかかからないわけですから、
非常に魅力的なプランと言えます。

とはいえ。。。
通話料は普通にかかっちゃいます。
そこが不確定要素。

でも、
「電話はとにかくLINE電話」
ということにしておけばいいのか。

まぁ必要最小限でいいという人には、
このプランで十分なのかもしれません。

いやいやいやいや。

『LINE以外もめっちゃ使うし』
という人にとっては1GBはスズメの涙。

もっとハードに使いたい人向けに用意されたのが、
【コミュニケーションフリープラン】

l_st_lmreport-17
『LINE』『Facebook』『Twitter』が使い放題に。
それ以外にどのくらいデータ通信するかで、
プランを選ぶことになります。

以下の通信が無料に!
FullSizeRender 5
データ専用の2台目スマホやタブレット用には、
データ通信+SMSプラン。

電話もネットも1台で完結させたいならば、
MNPもできるデータ通信+音声通話プランがいいでしょう。

【LINEフリープラン】と
【コミュニケーションフリープラン】を料金表で比較

FullSizeRender 9
他社MVNOの料金と比べると、LINEモバイルの料金は若干高め。
通話定額プランも用意されていないので、
電話発信が多い人は必ずしも安くならないかもしれません。

が、メリットもあります。

Sponsored Link



【LINEのSNS認証が不要】

FullSizeRender 28
つまりはLINEフリープランの500円のみで使えるということです。

【LINEの年齢認証が可能】

FullSizeRender 13
ドコモ・au・ソフトバンクは年齢認証ができますが、
格安SIMは実は年齢認証ができませんでした。
ID検索などができなかったわけですが、
LINEモバイルは格安SIMでありながら年齢認証が可能です。

【アプリではなくブラウザ使用でもカウントフリー】

FullSizeRender 17
アプリ以外のブラウザを使ったLINE・Facebook・Twitter利用も、
使い放題になるようです。

ただし、アプリのアップデート状況によっては、
カウントフリー通信だと認識しなくなる可能性も!(これは心配)
FullSizeRender 19
認識しなかった、なんてことが起こるかもしれませんが、
起こったからと言って怒ったところで、
どうしようもないでしょうね、こればっかりは。。。

【データの追加購入が可能】(しかし割高)

FullSizeRender 16
0.5GB→500円
1GB→1000円
3GB→3000円
月に3回までチャージ可能。
もっと単価が安い格安SIM会社もあります。

【LINEモバイルが使える端末】

FullSizeRender 24
・LINEモバイルで購入した端末
・SIMフリー端末
・ドコモ端末(SIMロック解除不要)
です。
ドコモユーザーはそのまま端末が使えます。

【LINEモバイルでも端末を売っていますが。。。】

5
下は13000円、上は5万円弱の端末をラインナップ。
機種はそこそこあります。
でもまぁ、わざわざLINEモバイルで買うよりは、
家電量販店で買って、ポイントもらったほうがお得でしょうね。

続いては【契約方法】です

LINEモバイルのHPから申し込みます。
http://mobile.line.me

新規なのか、MNPなのか。

3
音声プランを選んで12ヶ月以内に解約すると、
9800円の違約金が発生します。

プランを選びます。

4

端末+SIMなのか、SIMだけなのか。

1

端末に合うSIMのサイズを選びます。

7
SIMに関しては『小は大を兼ねる』ので、
一番小さなナノSIMを選びましょう。

通話オプションも選べます。いらないけど。

6

LINEモバイルで一番高いプランでも、月3220円〜(+αの通話料)
<コミュニケーションフリープランの10GB音声プラン>

8

個人情報入力。。。長い。。。

2

一旦メールに送りました。続きはメールのリンクから。。。な、長い。。。

9

登録進捗具合がまだ3段階目。。。めんどい。。。

10

本人確認書類を送らねばなりません。。。ですよねー。。。

11

免許の写真を撮ってから。。。

12
とりあえずここでやめました。

iPhoneの方で使っているイオンモバイルのデータSIMを、
LINEモバイルに変えてみてもいいのですが、
ちょっとめんどくささが勝ってしまいました。

どうしてもLINEモバイルが使いたい人は、
指示に従って登録作業を続けていけば、
無事にLINEモバイルデビューできます。

LINEモバイルが格安SIMをやる意味としては、
【主要SNSが高速通信で使い放題】
【格安SIMなのにLINEの年齢認証ができる】という2点です。

ただし、
【通話定額プランがない】
というのは弱点と言えます。

しかし、
【すべての通話をLINE電話でしてしまえば】
通話料は0円です。

さぁ、変えますか?
変えませんか?
どうしますか??

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です