【鳥肌が立った】の誤用(?)と【ら抜き・さ入れ】の氾濫。

スポンサードリンク

img_3620
「食べられない」
「見られない」
「来られない」
ちゃんと「ら」を入れてますか?

文化庁調べでは、
ますますら抜き言葉を使う人の割合が増えているようです。

◯「来られる」45.4%
×「来れる」44.1%
次は逆転してそうですね。

大多数が使っていてそれが定着していれば、
間違っていたとしても受け入れられる傾向にある気がします。

たべられない、と入力すればもちろん「食べられない」と変換。
ところがたべれないと入力しても「食べれない」と変換。
便利ですけど、間違いに気づけないですね。
というか世間的、間違いではないのかもしれませんね。

「君の笑顔をもう見れない」
というら抜き言葉歌詞があったりすると、
素敵な歌だったとしてもちょっと残念に感じてしまいます。

意識できる範囲で、
美しい日本語を正しく使っていきたいですね。

とかいう僕も、
使い方を誤ること、
アクセントが乱れることはよくあります。

自戒の念を込めて。。。

それと、
【鳥肌が立った】
というのもあまり使わないようにしています。

【鳥肌】とは大辞林によれば、
寒さや恐怖、不快感などのために総毛立った状態を指す言葉。

確かに感動した時にも総毛立ちますが、
【鳥肌】は本来ネガティブな意味合いで使われるもの。

とはいえ、テレビを見ていると誰でも彼でも、
感動的なシーンで『鳥肌が立った!!』と言っています。

まぁ通じるんですけどね。

言葉は生き物。

ポジティブな言葉だと捉える人たちの割合が増えるにつれ、
言葉の持つ意味は変わっていきます。

言葉に寄り添うか。
時代の流れに乗るか。

考えさせられます。。。

GOW終わりのスタジオ前♪
img_3623
長時間観覧&遅い時間までありがとうございます(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です