スマホ・ケータイの話

SIMフリーiPhone7にして10日!おサイフ/ワイヤレス/ホームボタンについて感じたこと。

スポンサードリンク

img_0302
【Androidスマホ】と【iPhoneSE】の2台を使っていた生活から、
【iPhone7】のみの生活になって10日が経ちました。
img_0303
気づいたこと、感じたことを書いてみます。

まずAndroidの【おサイフケータイ】は素晴らしかったです。
unnamed
【おサイフケータイ】は、
長く国内メーカー製端末が対応している機能で、
それ1台あれば、
Suica・楽天Edy・iD・QUICKPayなど、
ありとあらゆる電子マネーが使えます。
チャージもアプリ上で済ませることができます。

“支払い”も”チャージ”も、
全てが【手のひらの上で完結】できました。

いよいよiPhone7が、
Suicaをはじめ、電子マネーに対応します!
unnamed
今はおサイフケータイを手放してしまったので、
10月末のiPhone7でのSuicaサービス開始までは、
プラスチックカードにチャージしながら使っている状況です。

これがもう不便で不便で(-_-;)

【おサイフケータイ】の便利さは、
『支払いのシーン』を見れば一目瞭然です。

<現金支払いの場合>
・財布をバッグやポケットから出す。
・財布を開く。
・お金を出す。
・お金を渡す。
・お釣りをもらう。
・財布に入れる。
・場合によってはお釣りで小銭が増えて財布が膨らむ。
・財布をバッグやポケットに入れる。
・これだけの行程をこなしたのにキャッシュに対するポイントなし。
・払い始めから終わりまでが長い…

<プラスチックカードの場合>
・財布をバッグやポケットから出す。
・財布を開く。
・カードを出す。
・カードをかざす。
・財布に入れる。
・財布をバッグやポケットに入れる。
・支払い額に対するクレジットカードポイントが付くのはグッド。

<おサイフケータイの場合>
・スマホをバッグポケットから出す。
・スマホをかざす。
・スマホをバッグポケットに入れる。

支払い1つ見ても、
時間と労力にこれだけの違いがあるんです。

おサイフケータイの便利さを知った上で、
毎度プラスチックカードを出して支払うというのは、
もう面倒で仕方がありません。

【電子マネーチャージ】についても、
おサイフケータイは非常に便利でした。

<プラスチックカードの場合>
・残高をカード単体で確認できない。
・チャージするにはチャージ機などへ行かねばならない。
・クレジットカードでチャージできないケースもある。
(↑現金だと支払った分のポイントが発生しない)

<おサイフケータイの場合>
・アプリで残高確認できる。
・アプリ上でチャージできる。
・全ての電子マネーをスマホ1台で網羅できる。

以上のことを鑑みて、
支払いにおける【便利さ、お得さ】は、

おサイフケータイ > プラスチックカード > 現金

と言えます。

では、
【Androidのおサイフケータイ】と、
【電子マネーに対応したiPhone7】では、
どちらが便利なのか。

iPhone7が10月末に電子マネーに対応しても、
使えるのは【ApplePay、Suica、iD、QUICKPay】に限られます。
一大電子マネー経済圏を築いている、
楽天Edyの対応は未定です。
icon_rakuten
さらにiPhone7は、
VISAカードがApplePayに対応しないようなので、
手元にあるクレジットカードを登録できないケースも考えられます。

電子マネー利用においては、
Androidのおサイフケータイの方が、
しばらくは使い勝手に勝ると言えそうです。

それなのに、僕はAndroidを手放しました。

それは、おサイフケータイに対応していて、
なおかつ高機能なSIMフリー端末がなかったからです。

高機能なSIMフリー端末は、
大手キャリアから買わねばなりません。

大手キャリアから出ている端末は、
たとえ一括(及びクレジットカード分割支払い)といった、
キャリアの分割支払い(2年縛り)に依存しない方法で購入したとしても、
その端末は半年間SIMロック解除ができないなどのルールがあり、
“端末代を支払っているのに自由にできない”
という理不尽を強いられます。
※総務省はそういうところをちゃんと指導して欲しいのですが…

だから僕の中での選択肢は、
【SIMフリーのiPhone7】の一択となってしまいました。

Sponsored Link



次に、
【ワイヤードかワイヤレスか】
という話です。

有線か、無線か。
どっちが便利かのか、不便なのか。

これに関しても、
iPhone7を使い始めて、
『脱・有線』に気持ちが持って行かれてる気がします。

有線が当たり前だと思っていたところに、
無線のオプションを見せられた途端、
コードが邪魔なものに思えてくるから不思議です。

これに関してはAppleの策にハマっているんだと思います。

iPhone7では、イヤホンジャックが廃止されました。
そのおかげで防水防塵に対応できたという見方もありますが、
国内メーカー端末はとっくの昔に、
防水防塵とイヤホンジャックの共存を実現しています。

イヤホンジャックがなくなったことで、
イヤホンで音楽を聴きながら充電することもできなくなりました。

これまでのイヤホンが全く使えなくなったかというと、
そんなことはなく、あらかじめアダプタを付けてくれてはいます。
でも、見た目が残念すぎませんか?(^^;)
img_0301
気になりませんか?
気にしませんか?
スマートフォンを使っているのに、
見た目がスマートじゃないのは、僕は受け入れられない(笑)

結局、iPhone7の発売から間隔を開けて登場する、
AirPodsへの欲求が高まるばかりです。

Appleの手のひらの上で踊らされています。

【押し込まないホームボタンについて】
これまでのホームボタンの押し心地とは異なりますが、
慣れれば違和感なく使えます。

バイブレーションによって、
“押した感じ”を演出します。

不思議と、押した感じがします。

しかもこのホームボタンは、
肌で触れないと全く反応しません。

この仕様が、
アクセサリとしてホームボタンリングを付けている時、
メリットとなります。
これまでの押し込むタイプのホームボタンだと、
リング装飾部が液晶表面より上に出てしまうと、
“押すつもりがないのに押されてしまう”
ということが頻発していました。

しかしiPhone7のホームボタンは、
指で押さない限り反応しないので、
”知らぬ間に押されている”
ということがなくなりました。

ホームボタンリング、使ったことありますか?
ちょっとしたアクセントになって、いいですよ♪

【総括】
・iPhone7にしてよかったです。
・10月末にSuicaサービスイン、AirPods発売した時、
この端末の真価が発揮されます。
・iPhone7で電子マネーを使いたい人で、
VISAカードしか持っていない人は、
別のカードの準備をしておいたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です