ヒグチアイさん”百六十度”は人間の視野200度の外を感じさせる傑作。

img_9943
スポンサードリンク

GOWゲストもうひと組は、
アルバム【百六十度】でメジャーデビューを果たした、
ヒグチアイさん!
img_9943
香川生まれ、長野育ち、東京在住。
11月28日で28歳になる、平成元年生まれ。

アルバムを聴けば、
独特の世界観を持っていることが、
ひしひしと伝わってきます。

ヒグチアイさんが大ファンだという、
漫画家”史群アル仙”さんに依頼したマンガが、
ジャケットの表紙を飾ります。
img_0842
だーれだ

誰って…
もう誰もいないのに
バカじゃねえの
僕は一人ぼっちだ
誰もいない!

…思い出してごらんよ
だーれだ

そして伝う涙…

アルバムタイトルは、
人間の視野が200度で、
あとの見えない残りの”160度”から、
【百六十度】と名付けたんだそう。

視野の及ばない部分に、
いてくれる人がきっといるはずで、
そこを意識させてくれるような、
大切な人を思い出させてくれるような、
そんなメッセージ。

ラストの曲「備忘録」は心揺さぶられます。

過去のツラい思い出も全部書き連ねて、
それでもその全ての人や出来事にも感謝して、
それを忘れずに前に進んでいこう、
ってことが歌われているんですが、
切なさを帯びた序盤から、
前向きな力強さを感じさせる終盤…

余韻がもう…

「猛暑です」という曲は、
ご本人も「エロ」だと仰ってましたが、
ひとしずくの汗の垂らし方がうまいし、

「さっちゃん」という曲では、
「さっちゃんはね♪」のさっちゃんが、
大人になってからの世界が描かれてて、
なんだか3角関係っぽくなっちゃってるし、

一曲一曲に濃すぎる世界が待ち受けています。

デビューアルバムにして、
貫禄すら感じさせる1枚。

百六十度。
あなたにとってそこにいる人は「だーれだ?」

寒くなりましたが、
スタジオ前に会いにきてくださったみなさま、
ありがとうございました!!
img_9953

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です