RADWIMPS/君の名は/人間開花/トアルハルノヒからの前前前世/福岡ツアー初日/

img_0887
スポンサードリンク

RADWIMPSの、
ボーカルギター・野田洋次郎さん、
ベースの武田祐介さん、
ギターの桑原彰さんをお迎えして、
GOWスペシャルインタビューを収録させてもらいました!
img_0887
音楽を担当した映画「君の名は。」は空前の大ヒット、
メディアで前前前世を聴かない日はなく、
夏にリリースされたアルバム「君の名は。」に続き、
最新アルバム「人間開花」も大ヒット中。

そして2016年は、
大晦日には紅白出場で1年を締め括る彼ら。

大きな意味を持つ1年になったであろうこのタイミングで、
インタビューさせてもらえるという幸運。

映画「君の名は。」を遅ればせながら見て、
(↑ヒットしていることに納得。まだの人はぜひ)
『人間開花』を聴いて、準備完了。

『人間開花』言わずもがな、すごくいいです。

野田さんの綴る、
韻がカチッとハマる気持ち良さだったり、
曲と曲の無音部分の尺までのこだわりだったり、
RAD演出に隅々までシビれました。

さすがだなぁと感じたのは、
『トアルハルノヒ』という曲の存在。

ロックバンドなんてもんをやってきて
本当によかった

と歌うこの曲に続いて、
『前前前世』という曲順。

『前前前世』には、
「君の名は。」のイメージが強くある曲だったのに、
『トアルハルノヒ』が前にあることで、
映画とは切り離されて、
【RADWIMPSの前前前世】
として聴こえるような気がしました。

【前前前世Movie Version】

【前前前世Original Version】

アルバムラストナンバーの『告白』も、
ストレートな表現が胸に染み渡ります。
結婚式で聴くことも増えそうな曲です。
【人間開花ダイジェスト】


img_0886
さて。

インタビューで聞けた話をまとめて。

野田さんは、ずっと音楽を作っていたそうです。
映画やラッド、プロデュースワークと、
多忙を極めたことから、
帰ってから缶ビールを開けることも。
「お酒開花」(笑)
来年はツアーの時に、3人でお酒を・・・
なんてことがあるかも!?

多忙を極めるも、
バンド、映画、プロデュースと、
全く違うベクトルで作るので、
制作の手が止まることはなかった。
「甘いもの食べたらしょっぱいものが食べたくなる」
みたいな感じで。

お酒好きな武田さんは、
今年の健康診断でちょっと気になるところがあったけど、
健康上影響があるものでもないので、
気にせずお酒を楽しんでいらっしゃる様子^^;
お腹を触らせていただきましたが、
全然ゆるキャラではなかったのでひと安心(笑)

映画「君の名は。」の試写で、
社長さんやマネージャーさんの横で、
「悔しいけど、泣いた」んだとか。
自分たちの音楽をさておいて、
とにかく「映画がよかった」とのこと。

Sponsored Link




確かに映画を見たら、
ヒットしているのも納得。

ストーリーのよさ。
絵の美しさ。
神木隆之介さんと上白石萌音さんの透明感。
でも、RADWIMPSの音楽の力、
というのもすごくあって。

ラッドファンという新海誠監督が、
RADWIMPSにオファーして、
出来上がった曲を気に入った監督が、
曲に合うシーンを追加で作ったりして。
そんなやりとりの中で、
映画と音楽が寄り添っていったんだそうです。

だからこその、
あの一体感だったんですね。

試写でともに泣いたという桑原さんは、
2016年、久々に妹さんに会った話をしてくれました。
ファッション系の学校に通い、
その後2年カナダ、
4年ニューヨークで服飾の世界にいた妹さんが、
日本に戻ってきて選んだ仕事先がなんと。。。

【ユニクロ】

世界を旅した妹さんが、
ユニクロに着地したという話に、
何ともいえない空気が漂いました(笑)

3人揃っての福岡プロモーションは、
もしかしたらインディーズ時代以来じゃないか、
ということだったので、
美味しいものも食べるのかなぁと思いきや、
「ダイエット中」だそうで^^;
ぜひ絞って、また福岡にいらしてください♪

ちなみに来年のツアー初日が、なんと福岡!!
【Human Blood Tour2017】
2月25日(土)26日(日)マリンメッセ福岡2デイズ!!

「一番フレッシュな状態」
「緊張の瞬間を共有できるのがツアー初日」
「セットリストがそのままいくこともない」

ということで、
まさにツアーが開花する瞬間を、
ここ福岡で見られそうです。

野田さん曰く、

これまでのラッドは浅い人はいなかったけど、
前前前世でリスナーが増えた。
【人間開花】はまさに今のモード。
こんなアルバムが作れてうれしい。
遡って聴いて「キライ」ってなる人もいるかもだけど(笑)
これから何をしていこうか楽しみ。
いい意味で裏切りたい。

それと、意外な紅白出場についても、

自分の音楽を聴いてくれたたくさんの人に、
恩返しになるのならば。。。
ということで出場を断る理由はなかった。

と語ってくれました。
とても自然体で。

もともと自然体なんでしょうけど、
人間開花した状態での自然体は、
前にも増してオーラを感じました。

—————————————————–

メッセで見た『実況中継』のカッコよさが、
今でも鮮明に蘇ります。

ツアー、楽しみです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です