今日感テレビに木村拓哉さん&杉咲花さんが!無限の住人福岡舞台挨拶前に直撃!

IMG_5821
スポンサードリンク

モデル事務所にいた頃、
ユニット活動をしていた頃、
【理想の人】として追いかけていたのが、
木村拓哉さん。

どの角度から見ても、
どの瞬間を切り取っても、
“ベストな木村拓哉”を魅せる方なので、
表現のお手本として、
木村拓哉さんがお出になっている雑誌などは、
集めて見ていました。

表紙に載っていらっしゃれば即買い。

そのほかメーカーのパンフレットなども、
家電量販店を巡りシーズンごとに収集。

何年にも渡って集めた木村拓哉コレクションは、
切り取って大切に保存していました。
IMG_5821
ananの好きな男ランキング連覇中の表紙&記事とか、
ファッション誌での特集などなど。

エンターテインメント界の”無限の住人”
木村拓哉さんのイロハが詰まったとも言える、
スクラップブック。

これをまさか、
ご本人にお見せできる日が来ようとは。。。

いよいよ4月29日公開となる、
映画・無限の住人。

木村拓哉さん主演映画でのキャンペーンとしては、
過去最多となる10都市での舞台挨拶行脚中。

10都市も巡ってくださるおかげで、
なんとここ福岡で、
直撃インタビューできることに!!

というわけで今日感テレビ芸能コーナーは、
4月2日日曜日、木村拓哉さんと杉咲花さんに、
直撃インタビューをさせていただきました!!!!!!!!!!!!

4月4日火曜日の芸能コーナーにて、
その模様をお届けします!!!!!!!!!!!!!!!
追記
※この点に関して、
4日火曜日のOAは”壮大な予告”となっていました…
ロングインタビューを期待されていた方はきっと、
ズッコケちゃったのではないかと^^;
すみませんでしたm(_ _)m
※5日水曜日にOA完了しましたm(_ _)m

Sponsored Link




リスペクトしている想いをお伝えしたく、
スクラップブックを持参。。。

インタビュー開始前に、
少しだけですが見ていただきました。。。

男の僕が何年にも渡って記事をスクラップしていて、
しかも『大好きです』とか言うもんだから、
ちょっとお困りの表情をされていたような!?^^;

インタビューの持ち時間は20分。

映画のことも聞きたい。。。
福岡についても聞きたい。。。
今日感だからこそ、という話も聞きたい。。。

そんな中での20分はあっという間。

だけど限られた時間の中で、
木村さんも、杉咲さんも、
万次と凛そのままのような阿吽の呼吸で、
たっぷりと語ってくださいました!!

正直言うと、
持ち時間は20分を超えたんです。

何社もインタビューが続く中で、
時間を押してしまうことは、
本来ならばよろしくないことなんです。

しかし、
木村さんのさすがの機転とお気遣いにより、
ボーナスタイムをいただくことができました。

インタビューを終えた今言えることは、
【憧れの人は理想通りの男前だった】
ということ。

カメラが回っている時も、いない時も、
ずっと木村拓哉さんでした。。。

明日火曜日の今日感テレビ芸能コーナー、
ぜひご覧ください。。。

追記
全編OA完了しました!

SMAP大好きなディレクターとリポーターで臨んだ、
無限の住人インタビュー。

2人ともインタビューが決まってから、
ソワソワソワソワソワソワソワソワ。。。

そして迎えた4月2日日曜日。

市内某所のインタビュー場所に、
本来の集合時間よりも、
少し早めに入るよう連絡が。

インタビューが巻きで進行しているとのこと。

同じ場所で数社がインタビューしていくので、
キャンペーンの時は押すことがあっても、
大幅な巻きで進行することはあまりないんです。

「えっ?各社持ち時間を使いきれない空気??」
「ピリついてる??」

とか、あらぬ想像をしてしまいます。

現場到着。

我らの順番の前の前の媒体が取材しているのを、
ドアの細いガラス部分から覗き見。

「はうっ…」

憧れ続けた方まで、扉1枚。

胸の高まりが収まりませんでした。

インタビューさせていただくにあたり、
いい空気でスタートできればという思いから、
スクラップブックを持参しました。

「ファンです」
というのは簡単に言えますが、
いつから、どのくらい、
という熱量までは伝わりにくい。

その点あのスクラップブックは、
何年にもわたる記事、特集が一目瞭然なので、
「大好きです」が言葉なしに伝わるのでは、
という思いがありました。

つかみになれば、という思いでしたが、
『ご本人に見ていただきたい』
という我欲があったかなかったかと言えば、
正直ありました^^;

ご本人の大きな反応はありませんでしたが、
木村さん杉咲さんスタッフの方々から、、
「すごいねー!」と好反応!

パラパラとページをめくりたかったのですが、
緊張からうまくめくれず、
同じページばかりを見せていたような…
※木村さんと至近距離なので、記憶が断片的…

そしてインタビューが始まったわけですが、
その前に言っておきたいのは、
今日感ディレクターは、
普段見ることのないほど完璧なメイクと、
全て新調した服で現場入りしていたこと、
インタビューを終えて出て来た、
女性インタビュアーやスタッフが、
尋常じゃないほどキャッキャしていたこと。

存在だけでこれだけ女性をしあわせにできる、
っていうところも、さすがでございました^^

さて、インタビューに関して、
一言一句正確に記憶していませんが、
こんなことをお話しになったということを、
忘れないように記しておきます。

・福岡の印象は?
木村さん→都市高速から見えるタマホームの看板!笑
杉咲さん→高菜(木村さんが終始「高菜!?」という反応!笑)

・木村さんとの共演について。
杉咲さん→
緊張したんけど、
木村さんは年齢キャリア関係なく、
1人の人として、同じ作品を作る仲間として、
対等に向き合ってくれる人。
不安、緊張を取り除いてくれて感謝。

・殺陣・立ち回りという言葉が苦手?
木村さん→
きちんと進行していく上では必要な行程。
だけど欲しているのは段取りからは生まれないもの。
三池監督がカメラが回る前に、
「今から撮るのは殺し合いです」
と言っていたのは同じ想いでうれしかった。

・殺し合いで一番怖いと思った相手は?
木村さん→閑馬永空(しずまえいくう)を演じた市川海老蔵さん。
海老蔵さんは着物を普段から着ているので、
動きが他の人より「えれぇ速い!」
いきなり斬り合いが始まる瞬間に、
「ホント、コイツ速ぇーな」

・残虐非道な男・尸良(しら)を演じた市原隼人さんについて
杉咲さん→控室から聞こえてくる声がすでに怖かった。
木村さん→「ハンパないっす」
万次という名前を山に向かって叫んでいた。
それがこだまする。
「万次ぃ…じぃ…じぃ…」
「ああやって本番に向けて尸良を作ってってるな、ありがてぇなぁ」
「あんなに真面目にやってくれて」
「それが重なって三度四度五度になってくると…うるせぇなぁ!笑」

・万次のキャッチコピー「不死身って死ぬほどめんどくせぇ」
にちなんで「○○って死ぬほどめんどくせぇ」というものは?
杉咲さん→サムゲタン
そんな大変?ほぐれるぜ?という木村さんからのツッコミに、
「私は大変なんです!」と逆ギレパターン!笑

杉咲さんが「サムゲタン」とお答えになった時点で、
実はお二人には見えない位置から、
「持ち時間1分」というカンペが出ていたんです。
でも木村さんはサムゲタンというワードに、
前のめりで反応してらっしゃったので、
ここで終わってほしくないという気持ちもあり、
「木村さん、残り時間1分しかないです」というと、
「分数はシカトしてください」という一言でもって続行!!
ありがたすぎました。

この神対応に触れ、
勝手な想像ですが、
基本的にはインタビューは時間いっぱい使うことがほとんど。
そして若干押しで進んでいくことがほとんど。
そうするとだんだん後ろの取材陣の持ち時間が圧迫されてくる。
という恐れもありますが、この日は巻いて進行していた。
なぜか。
木村さんと杉咲さんが、休憩を取ってなかったんです。
今日感の持ち時間の前と後、それぞれでスタッフの方が、
「10分休憩しますか?」と声をかけているのを見ましたが、
木村さんが「やりましょう!」と言い、休まず連続対応。
同じことを繰り返し答えることもあるでしょうし、
続けての取材は体力を使うことだと思いますが、
今日感テレビを見ていただいた方は分かる通り、
あの熱量での受け答え。

限られた時間の交流でしたが、
杉咲さんがおっしゃっていた、
「対等に向き合ってくれる人」というのを、
感じました。

この人が座長ならついて行きたくなるだろうな、
というのが容易に想像できました。

ちなみに木村さんの死ぬほどめんどくせぇは、
「空港の荷物検査」(笑)
金属探知に引っかかるところを、
完全再現で演じてくださいました^^
少しイラっとしてしまったということで、
空港職員の方に「本当すいませんでした^^;」

というところで、
今日感インタビュー終了…

本当にあっという間な、
夢のような時間が過ぎて行きました…

インタビュー終了後、
スクラップブックを手に取り、
じっくり見てくださったんです…

うれしかったなぁ…

まだまだ話していただいてたんですが、
本当に舞い上がっていて記憶が断片的で、
本意と違うことを書くわけにも行かず、
書き記せず無念です…

繰り返しになりますが、
憧れの人は、
想像を超える素敵さで、
夢を見続けさせてくれる方でした。。。

握手もしていただきました!
手のひらは柔らかく、
ギュッと掴まれると筋肉質。
優しさと逞しさを兼ね備えた握手。
あの握手をする人は、どう考えてもいい人です^^

以上、惚れ惚れ日記、終わります。
長文読んでくださり、ありがとうございました!
ブログへのコメントも読ませていただいております。
重ね重ねありがとうございました!!

Tジョイ博多。
IMG_5948
IMG_5949
IMG_5952
ミーハー^^

【映画・無限の住人/本予告】


主題歌/MIYAVI『Live to Die Another Day-存在証明-』

スポンサードリンク

9 件のコメント

  • 私も24年木村くん一筋のファンです。長年の憧れの人にインタビューする機会がきて良かったですね!男前の木村くんのインタビュー見たいですが、東京なので見れないのが残念です。

  • 毎日とはいかないですがお休みの時は今日感を見ています!今日、今日感張ってましたが無くってがっくりしていたとこでした。明日ですね!ありがとうございますm(_ _)mバッチリ録画します。楽しみにしておきます。握手ハグされましたか?1度でも一般人の私もやってみたい…

  • 大好きな気持ちが一緒で、ウンウンと頷きながら見ました~スクラップブック見てもらえることができて、よかったですね❤私もたくさん、応募しても当たらなかったけど少しでも近くにいたくて劇場にいたおかげで彼が私たちファンの側に行きたいとの優しい思いのおかげでライブでも見たことのない至近距離で、お会いすることができ涙涙でした‼本当に木村君は、変わらず素敵な人ですよね❤

  • インタビュー楽しみで仕方ありません❗
    映画館でサプライズに遭遇した一人として、いつもよりさらに思い入れが強く…その歳に自身も廻りの方々も涙されてた、その思いはみんな同じですね。

  • 私の地域では今日感が放送されないので、残念です。でもこの記事を読んで、想像してニヤニヤしています。
    インタヴューお疲れ様でした。でも良かったですねえ。

  • 男が惚れる男に、永遠の王子様とここ二年思いを寄せるようになった木村拓哉をあらためて、素敵な人と、こちらのブログで思い知らされる。ありがとうございました。またインタの機会があるのを願ってます。そしたらこちらで裏話、またおねがいしま~す。おまちしてま~す。
    まだ読んでなかったら読んでみてね。私が木村拓哉が永遠王子様になったきっかけは、K. Art.さんの小説、「Live on 君と、生きる。」です。アマゾンや楽天ブックスのレビューや小説の画像の帯にあるままの小説です。生きた芸術である役者の人生の苦悩と葛藤と壮絶な過去が絡んだ作品です。本編最後のハッピーエンドも号泣でしたが番外編が一番感動します。あとがき読んで、主人公のモデルがいるの知って、主人公のモデルが誰か知らずに読んで、ネットで色々検索してるうちに、やっと木村拓哉にたどり着いて、それ以来・・・です。もっと木村拓哉好きが加速しそうですね、読んだら。

    スクラップブック、丁寧に見られていたのを想像しますが、ファンはするものとしっているだろうけど、実際にそれを手に取ってみたということは、これからの雑誌、広告媒体の仕事によりいっそう全力で向かわれますね。ファンとしては大好物な場面が増えていきます。ファン代表、ありがとうございました。
    テレビでは観れる地域ではありませんが、ブログからその様子が細かに映像化できました。ありがとうございました。

  • ハルくん、長年の夢が叶って良かったですね!ハルくんの木村拓哉推しは今日感テレビで確認済みです(笑)これからも福岡ならではの情報を期待してます!インタビューお疲れ様でした♡

  • こんにちは、blog、はじめて読まさせていただきました。放送も、見させていただいて、画面からも、伝わるものありましたよ。2017年、新人、木村拓哉さんの最初のドラマが「A LIFE~愛しき人~」、そして、映画「無限の住人」の公開、ファンとしても、本当にしっかり応援していきたいと、いう思いの中、本当に嬉しい限りのblogです。ありがとうございます。

  • テンションが伝わるレポートありがとうございます。
    スクラップも最後にまた手に取ってもらえたんですね!!!

    放送地域ではないので、動画を拝見させて頂きました。
    温度感が伝わるインタビューで楽しかったです。

    所々にかかる曲が気分を下げるところが残念ではありましたが、そこはプロデューサーさんがグループのファンだと読んで理解はしました。
    出来たら、彼のソロ曲やMIYAVIさんの存在証明だけ流して頂けていたら、もっと良いVTRになったのになぁと感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です