格安SIM通話し放題比較!完全定額は楽天モバイルともしもシークス!

スクリーンショット 2017-04-25 12.00.32
スポンサードリンク

『格安SIMにしようかと思うんだけど…』

という相談をよく受けます。
格安SIMも認知されてきているようです。

僕も実際に使っているので、
いろんなパターンで紹介できるんですが、
格安に移る際の大きなハードルが、
【完全な通話定額サービスがほとんどない】
ということでした。

データ容量に関しては、
利用量に応じた充実したプランが提供されてますが、
通話定額に関しては、
1分まで、
3分まで、
5分まで、
10分まで、
それ以上の通話はプラスアルファ、
というプランばかりでした。

だから、
メイン端末を格安SIMにするのが一番おトクなのに、
通話が多い人に対しては、
【ガラケー&格安SIMの2台持ち】
を案内することも。

でも、
格安SIMに移るのも面倒に思ってる人が、
2台持ちの面倒まで受け入れるわけもなく、、、笑

そんな中、
格安SIMでもこのたび、
完全通話定額オプションを、
選べるようになりました!!

完全な通話定額を求めている方は、
【楽天モバイル】か【もしもシークス】を選ぶことで、
月額料金を固定することができます!!

※格安SIM、格安スマホを語る上で、
『2年縛り』『2年以内の解約に違約金』を課しているキャリアは、
僕個人の概念の中では格安SIM会社から外しています。
なので、ワイモバイルとUQモバイルは、
格安SIMを語る時には除外しています。

※格安SIM会社の中でも、
SIMと端末をお得に買えるセットプランが存在します。
それらは2年縛り&違約金が発生するので注意が必要です。

※格安SIM会社の通話SIMは、
ほとんどが12ヶ月以内の解約に違約金を課しています。

※データSIMについては違約金はほとんどが発生しません。

※イオンモバイルの通話SIMはいつでも違約金0円です。

※『※印』をちゃんと読まないタイプの方は、
格安SIMにすることはオススメしません(笑)

Sponsored Link



さて、まずは楽天モバイルのかけ放題。
スクリーンショット 2017-04-25 12.00.32
通話オプションとして月額2380円で、
完全な通話定額にすることができます。

ベースプランを選んで、
2380円を足した額が月額料金です。
スクリーンショット 2017-04-25 12.03.10
例えば5GBプランを使いたい場合、
2150円+2380円で計4530円(税込で4900円弱)
ということになります。

大手が、
通話定額2700円、
ネット基本料300円、
データ5GB5000円の計8000円(税込8640円)
であることを考えると、
このプランを使っている人は、
1ヶ月あたり約3000円節約できる計算です。

続いてはもしもシークスのかけ放題。
スクリーンショット 2017-04-25 12.01.53
完全通話定額と5.5GBデータが使えて4580円(税込で4900円強)

通話定額オプションのみの価格は、
楽天モバイルが2380円。
もしもシークスが1800円。

合計金額で見ると、
楽天モバイルが4530円。
もしもシークスが4580円。

先に完全定額プランを提供していたもしもシークス。
後発の楽天モバイル。

楽天モバイルさん、
ちょい安にしてきた??笑

ちなみに3GBプランだと楽天=もしも。
5GBだと楽天がちょい安。
10GBだと楽天が440円安。

10GBのプランまでは楽天がお得です。

それ以上に使いたい人は、
もしもシークス→無制限3600円、
楽天モバイル→20GB/4750円、30GB/6150円、
のプランで計算すると、
もしもシークスの方がグンとお得になります。

やっと格安SIMにおいても、
通話定額について語れる日がやってきました。

最近ではIIJmioが、
月額830円の5分定額(家族と30分無料)プランを、
料金そのままに10分定額にアップグレードしたばかり。
(家族30分定額はそのまま)

まさにIIJmioユーザーの僕の場合、
5分だとこぼれる通話もありましたが、
10分だとこぼれない通話がほとんどなので、
本当にありがたい限り。

完全な通話定額プランがないことが理由で、
格安SIMをためらっていた人は、
今年、そろそろかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です