【iCloudの使い方】写真や動画を共有して本体容量を節約しましょう。

IMG_7232
スポンサードリンク

スマホにどんどん蓄積していく写真や動画、
どうしてますか??

写真や動画が増えてきて、
ストレージがいっぱいになってくると、
古いものから消して、
そこからは撮っては消し…撮っては消し…

のサイクルに追われちゃう方、
少なくないんじゃないでしょうか。

そんな時には動画データの長さを調整します。

<編集マークをタップ>
IMG_7230

<黄色のカーソルで必要な部分を選択>
IMG_7231
不要な部分をカットすることで、
データを小さくできます。

この作業では追いつかないという方は、
容量の多い端末を買うのも手ですし、
外付けのUSBメモリに逃がして、
本体容量を確保するというのもありです。

外付けメモリは過去にも書いたことがありますが、
【SandiskのiXpand Slim】

【Sandisk iXpand Slim】iPhoneの容量がいっぱいになってきた人に。

【Connect Wireless Stick】

【Sandisk Connect Wireless Stick】ネットを使わずデータ転送できます。

といったものがあるにはあります。
でも、デジタル慣れしてないと、
手間に感じちゃうでしょうね^^;

Android端末をお使いであれば、
容量の大きなmicroSDカードを挿すことで、
改善できます。

さて、タイトルの【iCloud】について

まずiCloud(アイクラウド)を簡単に言うと、
Apple製のスマホ・タブレット・パソコン利用者が、
無料、または有料で確保できるクラウドストレージのことです。

データのバックアップや、
利用者が同一のiPhone、iPad、MacBookなどの、
様々な情報を簡単に共有することができます。

例えば、
iPhoneで撮った写真や動画が、
何の作業をすることなく、
iPad、パソコンにダウンロードされます。

iPhoneで撮ったあとパソコンを開けば、
そこにもう撮ったデータがダウンロードされているので、
端末をコードでつなぐとか、
送信作業を必要とせず、
編集作業を始めることができます。

めちゃくちゃ便利です。

じゃあどう使うか。

Sponsored Link



iPhoneユーザーは誰でも、
無料で5GB分のストレージを使うことができます。

が、
5GB程度では、
iCloudのメリットは満喫できません。

【設定】から【iCloud】をタップします。
そして【ストレージを変更】に進みます。
IMG_7233

僕は1TB(月額1300円)のプランを利用してます

僕は1TBプラン(月額1300円)を利用中。
さすがに2TBプラン(月額2500円)は高いですね^^;
1300円も高いっちゃ高いんですが^^;
IMG_7235

そのほかのプランは。。。

IMG_7234
5GB(無料)
50GB(月額130円)
200GB(月額400円)

200GBの次のプランが1TBに飛んじゃうので、
僕の場合は1TBプランを選ぶしかなく…

ただ、1TBもクラウドストレージを使えるので、
余裕のキャパシティ。
IMG_7232
あと780GBくらい、
娘が成人するまで、
たっぷり写真や動画を撮って、
取っておくことができます♡

ペットボトルドリンクを1回我慢して、
50GBプランあたりを使ってみてください。

16GBのiPhoneを使っている人も、
あっという間に66GB分のストレージを確保できます。

初めの登録作業は面倒だと思うかもですが、
そこをがんばれば、ラクになります。

iCloudのストレージを増やしたら

【写真とカメラ】の中の、
IMG_7236

【iPhoneのストレージを最適化】
に設定することもお忘れなく!
IMG_7237
こうすることで、
本体の容量がいっぱいになりそうな時は、
容量節約をiPhoneのほうで、
勝手にやってくれるようになります。

写真・動画のオリジナルデータは、
クラウドに保存してくれます。

本体ではサムネイル化されているので、
見たい時には再ダウンロードすることで、
チェック、編集などもできるのでご安心を。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です