【iMovieの使い方】編集/テロップ/音楽/書き出し/保存まで!簡単ですよ!

スクリーンショット 2017-05-08 16.12.32
スポンサードリンク

前回は、
撮りためた動画データを整理する方法として、
『iCloudがありますよ』という話をしました。

確かにそれで容量確保はできます。
でも、それだけです。

一歩進めてiMovieを使って編集してみませんか?

スクリーンショット 2017-05-08 16.12.32
家族や友人との楽しい思い出を、
一本の動画にまとめてしまうこともまた、
ストレージの整理整頓になりますし、
作り上げた動画は一生の宝物にもなります。

iMovieでの編集作業は難しくありません

僕の利用環境でもある、
【iPhoneとMacBookの組み合わせ】は、
相当ラクです。

iCloudも併用すれば、
空〜前絶後のぉぉぉぉぉ快適さを味わえます。
それに関してはこちらで…

無料ソフトですが、いろいろできます。

編集してみましょう

【iMovie】を立ち上げます。
スクリーンショット 2017-05-09 11.36.26

【+】をクリックして、
【ムービー】を選択。
スクリーンショット 2017-05-09 11.36.43

作成画面が出てきます。
スクリーンショット 2017-05-09 11.36.58

例えて言うなら、
冷蔵庫から出した食材をまな板の上に並べます。

冷蔵庫にあたるのが【マイメディア】
スクリーンショット 2017-05-08 16.14.26
ここには、
【食材】つまりは写真や動画が表示されます。

ここに出てくる写真や動画は、
写真アプリにあるものが表示されます。
スクリーンショット 2017-05-08 16.11.51
アルバム別、年代別、撮影地別での表示、
また、写真のみ、動画のみ、という指定もできるので、
素材を見つけやすい方法を試してみてください。
スクリーンショット 2017-05-08 16.29.36

食材が見つかったら、
それを【まな板】にあたる、
画面下部の【作業エリア】にドラッグ&ドロップします。

まな板上にあるものを、
のちのち加工していくことになります。

写真や動画を並べたら長さを調節していきます

スクリーンショット 2017-05-08 16.35.28

トランジション

写真や動画を繋ぐ加工パターンを選べます。

スクリーンショット 2017-05-08 16.37.06
これも数あるパターンの中から選んで、
ドラッグ&ドロップでまな板に持ってくるだけです。
シーンや雰囲気に合うトランジションを試してみてください。
どのくらいかけてトランジションするかの時間調節もできます。

背景

背景のみをまな板に持ってくることもできます。
文字をはっきり見せたい時などに有効です。
スクリーンショット 2017-05-08 16.20.10

タイトル

文字を入れたい時は、
【タイトル】にあるパターンから、
ドラッグ&ドロップでまな板に持ってきます。
スクリーンショット 2017-05-08 16.19.27

フォント、色、位置を決めます。
中央、左詰め、右詰めなどのメニューもあります。
スクリーンショット 2017-05-08 16.40.09

トリミング

トリミングもできます。
シンプルに切り取ったり、
スクリーンショット 2017-05-08 16.21.15
じわっと移動するトリミングにしたり、
スクリーンショット 2017-05-08 16.21.27
動画の回転もチェックを入れるだけでOKです。

Sponsored Link



 

音量調整

スクリーンショット 2017-05-08 16.21.47
波形が黄色や赤になっていたら大きすぎです。
スクリーンショット 2017-05-08 16.47.04
パソコンをいつも使う音量にして、
自分が聞きやすいなと思うくらいに調整すると、
いいかもしれません。

再生速度

動画のスピード調整もできます。
スクリーンショット 2017-05-08 16.22.04
早送りにしたり、スローにしたり。
カスタムで好みのスピードに設定できます。
チェックを入れるだけで逆再生にできます。

フィルタ

フィルタを選べば、雰囲気を変えられます。
モノクロにしてみたり、セピアにしてみたり。
スクリーンショット 2017-05-08 16.23.00
声や音の加工もできます。
スクリーンショット 2017-05-08 16.24.40

オーディオ

音楽はiTunes内にあるものが表示されます。
それ以外にiMovieに最初から収録されている音素材も。
スクリーンショット 2017-05-08 16.19.11
選んだら、いつものようにドラッグ&ドロップです。

音楽は自由につけることができます。

ただし、SNSに公開する場合は、
事前確認が必要です。

YouTubeでの公開を考えている場合は、
その楽曲が使えるかどうかは、
音楽ポリシーのページで確認できます。
上のリンク先で曲を検索すると、
再生の可否、
収益化の可否が確認できます。

【再生可/著作権者が収益化】
のパターンが多いです。

曲は使っていいけど、
こっち(権利者側)で収益化しますよ、っていう。

これにて一通りの作業は完了です

いい感じに出来上がったら、
書き出します。

動画の書き出し

右上をクリックして【ファイル】を選択。
スクリーンショット 2017-05-08 16.25.10
そして、画質を設定します。
【解像度】は数字が大きい方がきめ細やかです。
スクリーンショット 2017-05-08 16.26.02
【品質】はお好みですが、高品質になるほど重たいデータになります。
スクリーンショット 2017-05-08 16.26.13
【圧縮】はスピードか、品質か、重視したいほうで。
スクリーンショット 2017-05-08 16.26.21

例えばこの3分11秒の動画を、
ハイクオリティで書き出そうとしたら1.8GBに。
スクリーンショット 2017-05-08 16.26.37
ロークオリティで書き出そうとしたら62.2MBに。
スクリーンショット 2017-05-08 16.26.54
かなりの差になります。

一生の思い出として残したければ最高画質でしょうし、
『とりあえず的な』感じならば下げてもいいでしょうし、
使いながらバランスを掴んでみてください。

デスクトップに書き出した動画は、
ドラッグ&ドロップで写真アプリに取り込みます。

写真アプリに取り込んだら、
デスクトップにあるデータはゴミ箱に持ってって大丈夫です。

あなたがiCloud連携をしていれば、
iPhoneの写真アプリを立ち上げてみてください。

そこに編集した動画が表示されているはずです。

もう2000文字になろうとしています。
スクリーンショット 2017-05-08 16.59.03
ここまで書いておいてなんですが。。。

全部読まなくていいです(笑)

僕は触りながら覚えました。
iMovieは、
触りながら覚えられる作りになってます。
百聞は一見にしかず。

ぜひスマホに眠っているたくさんの思い出を、
編集して、より輝かせてみてください☆

ハマりますよ〜^^

余談ですが、
編集するならやっぱり、
MacBookProの方がサクサク動くので、
オススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です