【アマゾンダッシュボタンの使い方】設定・購入まで!<全42種類>

IMG_7741
スポンサードリンク

『いやいや、いらないでしょ?』
『アプリで注文できるわけだし』
『店で買ったほうが安いし』

なんて思っていたのに、
手元にはAmazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)

IMG_7741

お気に入りのものをワンプッシュで買うことができる、
というアイテム。

好きなところに貼り付けておいて、
モノがなくなりそうになった時にボタンを押すと、
注文が完了するわけです。

買い忘れしそうなものを中心に全42ボタンが発売中。

スクリーンショット 2017-05-25 16.15.36 スクリーンショット 2017-05-25 16.15.46 スクリーンショット 2017-05-25 16.15.57 スクリーンショット 2017-05-25 16.16.07 スクリーンショット 2017-05-25 16.16.15 スクリーンショット 2017-05-25 16.16.24 スクリーンショット 2017-05-25 16.16.33

価格は500円ですが、
初回購入時に商品から500円値引きされるので、
実質無料のダッシュボタン。

アプリやウェブで注文することすらも、
めんどくさい作業になってしまったということか。

技術の進化が、
どんどん僕をだらけさせます^^;

買い物に行くカロリー消費作業も削られるため、
(それだけが理由じゃないですが)
これ以上カロリーを摂取しまいと、
最近の晩酌はオールフリーがメイン。

シュワっとしたい時に、
炭酸水だと味気ない。
味気があると砂糖が入っている。
砂糖が入っていないジュースはほぼない。
という中でのノンアルコール飲料は、
時間帯を問わず飲めるので、
とってもありがたい存在です。

6缶パックをスーパーで買うわけですが、
飲む頻度が増えたぶん、
買っては飲み、買ってはまた飲み。。。

『あれ?毎日買ってない!?』

なんて時もあるわけです。

そんな折、ついに手を出してしまった、
というわけです。

【オールフリーのDash Button/500円】

IMG_7742

届いたのは、本体と説明書と注意書きのみ。
シンプル。

ダッシュボタンの裏には粘着テープがあり、
壁に貼り付けて使うこともできますし、
黒いパーツをフックに引っ掛けておくことも可。

すでに電池は入っています。
バッテリーは1年ほど持つんだとか。
バッテリーが切れたら、廃棄。
また新たに購入することになります。

仮にバッテリーが10年持ったとしても、
その商品が10年後も同じく存在しているかは未知数。

1年で切れるくらいがちょうどいいのかもしれません。
ボタンは実質無料ですしね。

ダッシュボタンが使いたい場合、
WiFiが飛んでいなければなりません。

登録してみました

アプリを立ち上げて左上の3本線をタッチ

fullsizeoutput_bf5a

アカウントサービスをタッチ

fullsizeoutput_bf54

Dash端末の<新しい端末をセットアップ>

fullsizeoutput_bf52

同意してセットアップスタート

fullsizeoutput_bf56

ボタンを押して起動&接続

fullsizeoutput_bf50

WiFi電波を選んでパスワードを入力

fullsizeoutput_bf4f

Sponsored Link



 

どのオールフリーにするかを選択

fullsizeoutput_bf58

セットアップ完了へ

IMG_7858

注文完了時の通知が届くように設定変更

fullsizeoutput_bf51

これで全ての設定が完了

fullsizeoutput_bf59

目立たない場所に設置

娘が見つけたらボタン連打しそうなので、
見つけにくいであろうところに設置。

再度別の場所に貼り直すこともできますし、
粘着力がなくなったら、
バンパーを使ってフックに吊り下げてもいいですし。

でも、見えるところ、
押しやすいところに設置してこその、
Dash Buttonだとは思いますけどね。

IMG_7853

ボタンを押してみました

早速スマホに通知が。

Dash Buttonで注文されたこと、
初回購入なのでボタン代500円が値引きされたこと、
お届け予定日を通知してくれました。

fullsizeoutput_bf5d

アプリで注文履歴を確認

fullsizeoutput_bf57

ちゃんと反映されてます!

アプリ→ボタンへ。その次は…

買い物に行く作業がなくなりました。
注文にアプリを使うことも面倒になりました。
ボタン1つで注文できるようになりました。
次はボタンを押す作業すら、Amazonは取り去ります。

Amazonの人工知能・アレクサ

博多弁っぽい響きのアレクサを積んだ、
アマゾンエコーなる端末が、
遠からず、日本語に対応します。

エコーにしゃべりかければ、
アレクサが注文してくれるし、
音楽も流してくれるし、
天気も教えてくれるし、
電気つけてくれたりなど、
完璧なコンシェルジュとして、
生活をサポートしてくれるようになります。

未来はくさ、もうそこまで来とるけんね。

アレクサの日本語対応と、
博多弁リスニング能力に期待です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です