娘はなぜシャンプーさせてくれなかったのか【涙には理由がある】

IMG_1375
スポンサードリンク

娘・こはる。
3歳3か月。
スピーキング、ヒアリング能力の成長とともに、
わかったことがあります。

『娘はなぜ僕に髪を洗ってもらうのを嫌がるのか』

この理由がつい先日明らかになりました。

それは、

【足の毛がチクチクするから】

ズコーッ!!!!

まさかでした。

我が家では、
娘を仰向けに寝かせ、
あぐらをかいた足の上に頭を乗せて洗うスタイルです。

僕が夜に家にいれば、
僕が娘のお風呂担当。

お風呂には一緒に入ってくれるんです。
でも髪を洗うの”だけ”はママがいいと言う。
一緒にお風呂に入ってるのは僕です。
だから髪を洗おうとする。
すぐ泣く。
泣きわめく。
全力で泣く。
虐待を疑われるのではないかという泣き方。
それでも髪は洗わねばならない。
がんばろうとするパパ。
意地でも嫌がる娘。
しばらくバトル。
譲らない娘。
仕方なくママに援軍要請。
チェンジ。
おとなしく洗われる娘。
理解不能でリビングに立たずむパパ。
しばらくして笑顔で風呂から上がってくる娘。
なんでやねん、と心の叫び。

そんなことがずっと繰り返されていました。

僕の洗い方が悪いのかと悩みました。

妻からは、
『洗うのが遅いからだ』
と言われました。

じゃあ手際よく洗おうと意気込むも、
そもそも洗う体勢になることを嫌がるので、
洗わせてくれさえしない。

娘の気まぐれか、
ワガママかと思った時期もありました。

『今日はパパが洗うからね』
と約束をしてからお風呂に入ったにもかかわらず、
洗わせてくれなかったときは、
約束を守らないことを叱ることもありました。

悩みに続けたパパに、
言葉を覚えた娘がそっと言った言葉。。。

『チクチクする』

なるほど。。。

パパの足に頭を置きたくなかったのは、
足の毛のせいで、
背中がチクチクするからだったのね。

だからパパの足に頭を載せようとすると、
体をのけぞらせていたわけね。

素直に仰向けになってくれなかったのは、
背中が不快だったからなのね。

腑に落ちました(笑)

学び
子どものリアクションには理由がある。
それを言葉にしてもらえるまでは、お互いにつらい。
言葉にしてもらったら、たいしたことじゃなかった。
早くシャンプーハットを導入すればよかった。
足の毛を永久脱毛したい。

子どもと向き合っている時に、
怒りの感情が湧き上がってくることも、
たまにはあります。

でも、感情任せに怒鳴ることもしないし、
もちろん手をあげたりもしません。
(この先何があるかはわかりませんが…)

言葉がまだ話せない時期に、
子どもの気持ちを100%読み取ることは不可能です。

だけど、
子どもが怒ったり、泣いたりするのには、
ちゃんと理由があるんだというのを実感しています。

その理由が間違っていたら、
正してあげねばなりませんが、
今回の髪を洗わせてくれなかったことに関しては、
僕の足毛が悪かったわけです。

わかってよかった。

今はとりあえずタオルを足に敷いて、
洗わせてもらっています^^

タイムマシンがあるならば、
『洗うのが遅いからだ』
とドヤ顔で言っていた妻に、
『毛だよ』
と言い返したい。。。

とか、チクチク言うもんじゃないですね。

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です