【アマゾンエコー比較】エコープラス・エコードットとの違いは?

スクリーンショット-2017-12-07-16.56.01
スポンサードリンク

アマゾンエコーは3タイプ

エコー・エコープラス・エコードット

スクリーンショット 2017-12-07 17.25.26

アマゾンのスマートスピーカーにすると決めたら、
次は3機種の中からどれにするかを決めなければなりません。

写真左から、
一番コンパクトなエコードット。
ミドルスペックのエコー。
ハイスペックなエコープラス。

見た目もサイズも機能も価格も、
大きく異なる3タイプを比較してみます。

Amazon Echo(アマゾンエコー)

スクリーンショット 2017-12-07 16.56.01

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

新品価格
¥11,980から
(2017/12/7 17:03時点)

音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。

「アレクサ」と話しかけるだけで、
 音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作。

たとえ音楽が流れていても、雑音の中でも、離れたところからでも、
7つのマイクでしっかりと音声を聞き取ります。

Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。
話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学びます。

パワフルな360°全方向スピーカーで、
クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。
上質なオーディオをお楽しみいただけます

音声操作にて音楽再生いただけます。
Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名など指定して再生や、
Alexaに選曲をおまかせもできます。

PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなどの、
スマートホームのデバイスをコントロールできます。
(商品ページより引用)

今回僕はこのエコーをオーダーしました^^

Amazon Echo Plus(アマゾンエコープラス)

スクリーンショット 2017-12-07 16.56.26

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

新品価格
¥17,980から
(2017/12/7 17:07時点)

Echoの特徴に加え、

Echo Plusにはスマートホームハブが内蔵されているので、
スマートホームのコントロールも簡単。
「アレクサ、デバイスを探して」と話しかけるだけで、
追加のハブやアプリケーションを用いることなく、
自動的に対象のデバイスを探し、互換性のある照明の設定を行います。
(現在、Echo Plusの簡単セットアップはZigBeeのライトのみ対応しております。)
※商品ページより引用

上の赤文字の一文が重要です。

スマート家電をスマートスピーカーで操作したい時は、
ハブといわれる中継装置が必要になりますが、
それがなかなか高価だったりします。

そういったハブが、
スマートホームハブ搭載のEcho Plusならば、
必要ありません。
※アレクサ対応であれば

なので、他のエコー商品より高額ですが、
長い目で見れば、エコープラスの方が、
お買い得だという考え方もできます。

Sponsored Link



 

Amazon Echo Dot(アマゾンエコードット)

スクリーンショット 2017-12-07 16.56.38

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

新品価格
¥5,980から
(2017/12/7 17:26時点)

コンパクトサイズなので小さなスペースにもぴったり。

内蔵スピーカーが搭載されていて、タイマーやアラームのセットにも。

さらに、照明のオン・オフしたりと様々なシーンで活躍。

さらに、Bluetoothや3.5 mmステレオジャックで、
ご自身のスピーカーやヘッドホンに繋いで拡張もいただけます。
※商品ページより引用

基本的な機能はほぼ使えますし、
コンパクト、
且つ3機種の中では一番リーズナブルなので、
“とりあえず使ってみたい人”向けです。

スペック表

表の上から2段目の『特徴』に注目

スクリーンショット 2017-12-07 17.09.06

エコードットはコンパクト、
エコーは高機能スピーカー付き、
エコープラスはスマートホーム・ハブ内蔵。

まさに選ぶポイントはココです。

とりあえず試したい、くらいの感覚なら、
エコードットで十分楽しめます。

いい音で聴きたい、という思いがあれば、
エコーかエコープラスが選択肢になります。

今後スマート家電をどんどん導入する予定であれば、
エコープラスにしておけば、
将来的にハブ代を大幅に節約できるかもしれません。

次はいよいよエコーをレビューします。。。

アマゾンエコーの買い方→http://harulog.jp/24700.html
セットアップ方法→http://harulog.jp/24728.html
基本的な使い方→http://harulog.jp/24758.html
音楽再生・プランについて→http://harulog.jp/24768.html

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です