【ナイトサファリ】シンガポールで所要時間2時間のジャングル旅(←動物近すぎ)

IMG_3F8C1991697D-1
スポンサードリンク

いざ、ナイトサファリへ!

シンガポール動物園のとなり

シンガポール動物園散策を楽しんだ後は、夜の動物たちの生態を間近に見ることができるナイトサファリへ。

IMG_6521

休憩もできちゃうアーティスティックなオブジェ。

IMG_2188

サイトサファリの醍醐味である、日没を待ちます。。。

ナイトサファリ園内マップ

歩いて回るも良し、トラムに乗るも良し

night-safari-map_pdf(1ページ)

マップ内の黄色、赤、オレンジ、ピンクのルートは徒歩コースになっています。

それ以外のルートは音声解説付きのトラムに乗って回ります。

トラムの料金は1人10ドル。

トラムにはなが〜い行列ができてましたが、オプショナルツアーで行ったので長時間並ぶことなく指定された時間に乗ることができました。ツアーで行くメリットはこういうところですね。

開園時間

年中無休

ナイトサファリの開園時間は19時15分ですが、レストランエリアは17時半には開いています。

早めに行って食事を楽しみながら開演を待つことができます。

メイン入口/17:40

この奥にトラム乗り場(1番)があります。

IMG_3051

メイン入口/開演後

ハンパない行列。

IMG_9328

トラム乗り場(1番)

開演後1時間経過。ずっとこんな感じ。

IMG_5573

フィッシングキャットトレイル

トラムに乗るまで時間があったので、マップ上の黄色のルートを散策しました。

フィッシングキャットトレイルにいる動物たち

スローロリス(左)
スナドリネコ(右)

IMG_6098

ジャコウネコ(左)
インドガビアル(中)
センザンコウ(右)

他多数

IMG_8407

日本語がありすぎてうれしい

IMG_9906

ジャコウネコ

なかなか姿を見せてくれないらしいですが、しばらく目の前でじっとしてくれてました^^

IMG_3948

フィッシングキャット/スナドリネコ

IMG_5865

たぶんマメジカ

IMG_7044

トレイル内は真っ暗なんです。

限られた照明があるのみで、月の光の方が明るいくらいで。

そんな中で、自由気ままに暮らす動物を見られたらラッキー。

動物を見る、というよりも、動物の世界におじゃまする、という感じ。

動物たちを刺激しないようにフラッシュ撮影禁止のルールとかもあるんですが、トラム乗り場でかかる音楽がノリノリ&爆音でトレイルまで響き渡っていたりして(笑)

そんなアンバランスさも味。

IMG_5935

Sponsored Link



 

いよいよトラムでジャングルへ!

トラムで約30分かけてナイトサファリ内を進みます。

不思議でしょうがないんですが、とにかく柵がないんです。で、トラムにも防護柵はありません。

『ライオンが飛びかかって来たら終わりだな』というヒリヒリ感。

バッチリ安全対策が取られているんでしょうけど、それが見えないんです。

シンガポール動物園、ナイトサファリが(今回は行ってませんがリバーサファリも)一大観光地である理由がよくわかりました。

いざ、ジャングルへ!

IMG_8541

ロングツノアンコール牛/Ankole Cattle

IMG_5202

ライオン

IMG_9679

フラミンゴ

IMG_7835

かば

IMG_6005

たぶんボンゴ

IMG_7368

アジアゾウ

IMG_1580

マレートラ

マレートラだけは檻の中にいました。

IMG_8115

錚々たる人気動物を抑えて一番興奮したのがバク

「バクだー」と思ってのんびり見てたんです。

IMG_1290

で、バクエリアを通り過ぎようとした瞬間!!

『はいっ!?』

IMG_0001

『そこやんっ!!』

IMG_2255

トラムの、僕のすぐ横にバクが!!

近い!
すぐそこ!
1メートル!
ってか柵ないやん!!!!

心臓がバクバクしました♡

あー楽しかった^^

でも娘にとっては眠たい時間でもありましたけど^^;

IMG_0497
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です