スマホ・ケータイの話

【OSMO MOBILE 2開封レビュー】前オズモモバイルの方が質感はよかった件。

スポンサードリンク

DJIの最新スマホジンバル『OSMO MOBILE 2』が到着

ブレない動画が撮れるようになるOSMO MOBILE(オズモモバイル)。

そもそも『OSMO MOBILEってナニ?』という方はガジェオタ・ハルくんのブログ→harulog.jp/23322.htmlで詳しく紹介されてましたのでぜひご一読を^^

そんなOSMO MOBILEの新型モデル【OSMO MOBILE 2】が早くも家に届きました!

スクリーンショット-2018-01-13-12.08.41-1024x534

Apple Storeで予約が始まったのが先月24日の深夜2時。僕が予約完了したのは24日のAM4時。お届け予定日は2月24日-3月10日となっていたんですが、まさかの本日2月9日到着。

僕より早く予約完了したにも関わらずまだ届いてない方もいらっしゃるようなので、この納期短縮はラッキーというほかありません。

『OSMO MOBILE 2ってナニ?』という方はガジェオタ・ハルくんのブログ→harulog.jp/25054.htmlで詳しく紹介されてましたのでぜひご一読を♡

OSMO MOBILE2が発表された時には、旧モデルからのスペックの進化&大幅値下げされた新価格に歓喜したものです。

『新型出たら旧型のOSMO MOBILEの存在価値ってなくない?』

とまで思ってしまっていました。

しかし、開封直後の今、

『旧型OSMO MOBILEはもっと高級感あったのにな…』

という気持ちが心の中を占めています。

OSMO MOBILE2を買って後悔しているわけではありません。

ただ、新型と旧型が併売されている今、高機能&低価格の新型を買うべきかというと、必ずしもそうではないことがわかりました。

開封レビューがオズモ選びの参考になれば幸いです。

OSMO MOBILE 2・開封の儀

パッケージ

パッケージ正面にはスマホ縦向き撮影スタイルの写真が。旧モデルではできなかった縦向き撮影対応は改良点のひとつです。

IMG_5655

発泡スチール(?)の本体ケース

紙箱入りだった旧モデルよりも、ピタッと収められてます。旧モデルには付属していた持ち運び用ソフトケースがないので、傷つけたくなければ別の入れ物を用意するか、このケースに入れることになります。耐衝撃性には優れていると思いますが、幅16cm×長さ33cm×高さ8cmといささか大きいので携帯性に優れているとは言い難い本体ケースです。

IMG_0379 IMG_7656

Sponsored Link



 

同梱物は本体と充電用USBケーブルのみ

充電コードが多くのデジタル製品で使われているUSB-A/microUSBケーブルに変更されました。同じ端子のコードを持っていればそれでもOKです。

IMG_9369

本体の質感、どう見えますか?

【高強度複合材】を使用

本体色はグレーです。で、DJIの公式サイトによるとOSMO MOBILE 2は高強度複合材で作られているんだとか。そのおかげで旧モデルよりも軽量化が図られています。

ただね。

好みの問題ですが、旧モデルの方がメタル感がありました。【メタル感=高級感】だと僕は思います。そういう目線で見ると、OSMO MOBILE 2には旧モデルほどの高級感がありません。

IMG_6894

触った感じもブラスチッキーです。メタル素材のような触った時に冷やっとする感覚もなく、どうしてもチープさを感じてしまいます。旧モデルは高級感があって所有欲を満たしてくれていただけに、そこは残念なところです。

旧モデルのホルダーの方がよかった

これがOSMO MOBILE 2(新モデル)のホルダー。

IMG_2271

これがOSMO MOBILE(旧モデル)のホルダー。

【旅のマストアイテム・その1】DJI_OSMO_Mobile_オズモモバイル_で綺麗な動画を残そう。___harulog

旧モデルの方は裏にあるノブを回してホールドを開く仕様だったので、スマホをしっかりとホールドできました。

新モデルはバネ仕様なので力でこじ開けるタイプです。ホールドが開いている間はスチールの骨が見えてしまっていて、そこにもチープさを感じてしまいます。

2つの調整ノブはメタル製

ノブ”だけ”は高級感があります。

IMG_9217

まとめ

OSMO MOBILE 2(新モデル)の価格は旧モデルより大幅に安く設定されました。金額にして8000円ほどのプライスダウン。旧モデルより買いやすい価格にはなりましたが、それが質感に悪いかたちで反映してしまっているのは残念なところです。

機能的には新モデルの方が抜群にいいです。
ただ、質感の良さは旧モデルに分があります。

高機能のOSMO MOBILE 2
高級感のOSMO MOBILE

という棲み分けが成り立っています。

これからお買いになる方は、その辺りが判断基準になりそうです。

新モデルに対してネガティブなコメントを並べてしまいましたが、もちろん進化したポイントもたっくさんあります。

次のブログではOSMO MOBILE 2を褒め倒します^^

→【OSMO MOBILE 2・レビュー】新たな使い方・三脚対応・バッテリー増で死角なし。

→【OSMO MOBILE 2・レビュー】縦向きモードは自撮り専用だった件。

→【OSMO MOBILE 2・レビュー】360度カメラを縦向きモード時にセットしてみた件。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です