スマホ・ケータイの話

【OSMO MOBILE 2・レビュー】三脚対応・バッテリー増・新たな使い方で死角なし。

スポンサードリンク

OSMO MOBILE 2のいいところに目を向けます

前のブログではOSMO MOBILE 2の高級感不足について書きました。がしかし!そうは言っても新モデル。数多くの改善ポイントがあります。今回はOSMO MOBILE 2の良いところを紹介していきます。

スクリーンショット-2018-01-13-12.08.41-1024x534

充電コードがUSB-A/microUSBになりました

充電コードが、Androidスマホや多くのデジタルアイテムで採用されているUSB-A/microUSBコードに変更されています。

旧モデルの充電コードは独自仕様の端子だったため、汎用性がなく不便でした。

IMG_1476 IMG_1430

新モデルはmicroUSBに対応。microUSBの充電コードはどこでも手に入るので、充電しやすくなりました。

IMG_0304

バッテリー容量が2600mAhに!

稼働時間大幅増

旧モデルのバッテリーが980mAhなので、バッテリー容量は約2.6倍に伸びました。2時間充電すれば15時間動いてくれます。満充電にしておけばその日1日充電が切れることはなさそうです。

他端末の充電も可能に

グリップ裏にUSB端子があります。

IMG_4516

この端子を使ってスマートフォンを充電することができます。これも大容量バッテリーのなせる技。

IMG_9894

Sponsored Link



 

三脚が使いやすくなりました

以前はグリップ側面にあったカメラ三脚用の穴が、グリップ底面に移りました。そのおかげでOSMO MOBILE 2を立てやすくなりました!

IMG_5521

旧モデルでは専用のオプション台を使わないとOSMO MOBILEを立てることができませんでしたが、手持ちの三脚を取り付けることができます。

IMG_3465

Manfrottoのミニ三脚はしっかりした作りで使いやすいのでオススメです。

スマホを縦に取り付けて撮影できるようになりました

縦時代

僕は横で撮るほうが好きです。でも縦で動画撮影している人をよく見かけますし、YouTubeは縦動画に対応してますし、メインツールがスマホということを考えると縦スタイルがもうちょっと浸透してくるのかもしれません。

となると、ジンバルも縦撮りに対応してくるのは自然な流れなのかも?

IMG_6129

まとめ

OSMO MOBILE 2はOSMO MOBILEの数少ない欠点を埋めてきた良機種です。

・バッテリー容量約2.6倍で15時間稼働
・充電端子がmicroUSBに
・本体底面に三脚穴
・縦撮影対応

OSMO MOBILEではできなかったことが、OSMO MOBILE2ではちゃんとできるようになってます。

ただ、縦撮影モードは、僕はあまり使わないかもしれません。

その理由はまた次のブログで。。。

→【OSMO MOBILE 2開封レビュー】前オズモモバイルの方が質感はよかった件。

→【OSMO MOBILE 2・レビュー】縦向きモードは自撮り専用だった件。

→【OSMO MOBILE 2・レビュー】360度カメラを縦向きモード時にセットしてみた件。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です