カンガルー日和/村上春樹/4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子と出会うことについて。

スポンサードリンク

カンガルー日和

新書ばかり読んでいると頭が固くなりそうなので、たまには小説を読んでみる。特に何を読みたいというのもなかったので薦められたものを読んでみた。

村上春樹の短編集「カンガルー日和」

まだ全部読んでないんですけどその中の「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子と出会うことについて」という短編小説は、なんか染みた。

——————————————————–

4月のある晴れた朝に、街で100%の女の子とすれ違う。

その女の子は容姿端麗というわけではない。

なにがいいというわけではない。

ただ、自分にとっては申し分ない、というか、

細胞が反応した、というか。

とにかく自分にとって100%の女の子。

そんな女の子が正面から近づいてくる。

声をかけたい、が、どう声をかけていいか悩む。

いろいろなフレーズが浮かぶも、

どれも使えそうなシロモノではない。

そうこうしている間に彼女は目と鼻の先。

そして、すれ違う。

振り返ったときには、もう姿はなかった。

でも今はどう話しかけるべきだったかはわかっている。

その科白は「昔々」で始まり、

「悲しい話だと思いませんか」で終わる。。。

——————————————————-

というもの。

いわゆる”100%の女の子”が50m先から歩いてきて、自分とすれ違うまでを描いた話。

4月のある晴れた朝に100%の女の子とすれ違えた出会いは奇跡。

その奇跡的な出会いを「昔々」で始まる科白は見事に表現してるんです。行為自体はナンパかもしれない。でもそこにある気持ちは実に硬派。60億分の1の出会いがどれだけドラマティックなことなのかを、これ以上ないほどロマンティックに表現したこの科白。

とても「悲しい話」なんかではないんです。

ただ、すれ違い、姿を見失った今、その科白を伝えることはもうできない。

なによりそれが、悲しい話。

悲しい話、なんだけど、読み終わったあとの清々しさはなんだろう。多分、男がひとつの答えにたどり着いたからじゃないか。

100%の女の子はそうそういるもんじゃない。

かといって、世界中探してただ1人というわけでもないだろう。

人は、たくさんいる人々の中から最終的に見つけだした、たった1人の人を愛する。

もしまた100%の女の子と出会ったら、きっと男はこの科白を口にするに違いない。

この科白を言われれば、女の子はきっと運命を感じるに違いない。

これはひとつの失恋のようなもので、やっぱり失恋して傷つくからこそ、やさしさとは何かがわかる。

幾度の恋を経験するからこそ、よりよい恋愛ができるようになる。

自分にとって100%の人。

そんな人と出会えたら、しあわせなことですね。

一期一会。

新書は知性を、文庫は感性を与えてくれるね。

交互に読もう。

カンガルー日和 (講談社文庫)

新品価格
¥529から
(2018/4/12 06:40時点)


———————————————————–

MAKINIGHT写真

↑社長挨拶。(Photo by DSK)

↑武田真治さんに手も足も出ずの図。(Photo by AGO)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です