人は見た目が9割・竹内一郎著「話す言葉の内容は7%」【感想文】

スポンサードリンク

harulog-人は見た目が9割
今日の暇つぶしのお供たち。

ベローチェでコーヒーゼリーを頼み、
そのワンオーダーのみで、
「人は見た目が9割」を読み終わるまで居座ってやりました(笑)
何度も言ってますが、
ベローチェのコーヒーゼリーはクオリティが高い!!

こんだけソフトクリームが乗って240円は見事ですね。

しかもクールビズだなんだといわれている中、
しっかりとエアコンも効いてるし。

女性や寒がりの人にはつらいでしょうが、
暑がりの僕は何時間いても平気だし、言わば楽園ですよ。

そんな快適な場所で本を読み耽る。
どうやらこれが今夏の暇つぶし方法になりそうです。

--------------------------------------------------------

本について少し。

「人は見た目が9割」ってのを読みました。

人が他人から受け取る情報(感情とか態度など)の割合って、

○顔の表情 55%
○声の質(高低)・大きさ・テンポ 38%
○話す言葉の内容 7%

なんですって。

コミュニケーションの主役といえば
「言葉」だと思いがちだけど、
実は表情とか声、あとは身だしなみとか仕草が
9割を占めているという調査結果が。

よく言葉に関する本が出てるけど
言葉は7%に過ぎないわけだし、
残りの9割こそ気に掛けてみてはどうですかー的なことが
書いてあるわけです。
なるほどって感じのことが書いてありましたが、
それにしてもその7%のみで勝負しなきゃいけないラジオって、
難しいよなぁ・・・とつくづく思いつつも、
そんなことはお構いなしで、
ラジオ前を凍りつかせるようなベシャリをする気満々です(爆)

あしたもおたのしみに!?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です