男の引き際/黒井克行著「本田宗一郎他著名人の引き際とは?」【感想文】

スポンサードリンク

harulog-男の引き際
きのうの日記を書いたそばから、
読んでいるのは新書です(笑)

今回は「男の引き際」という本。

スポーツ選手、経営者、政治家、芸能人など、
いろんな人の引き際が紹介されてます。

引き際が美しいと、その人の評価が高まることもある。
引き際の往生際が悪いと、実績を台無しにすることもある。
引き際ってのは、
=現役引退、方向転換のタイミングのことです。
引き際を考えるなんて100年早い僕ですが、
引き際は大事なんだなぁということはわかった本でした♪

「家族のため、自分のため、何々のためという気持ちは
 絶対に必要なんや。そう思うことでがんばれるんだよ」

「今日一日の努力」

「あなたは社長としての道をとるのか、
 技術者としているのか、どちらか選ぶべきではないか」

「一回の人生ですから好きなことをやらないと。(中略)
 どんな人でも好きなことをやって食べていけますよ。
 ただ、おいしいものを何でも食べられる人は
 運のいい人ですけれども、そこまで望む必要はないじゃないですか。
 餓死することは絶対にありませんよ」

いい言葉もたくさん載ってます☆
<新潮新書 男の引き際 黒井克行著 714円>

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です