カメラモジュールについて。

スポンサードリンク

CCD(シーシーディー)、

CMOS(シーモス)って言葉を聞いたことないですか?

日本のケータイに積まれているカメラモジュールは、
CCD、

ハニカムCCD、

CMOS、

νMaicovicon(ニューマイコビコン)

の4種類があり、

あとはそれぞれで画素数の違いがあるわけです。

みなさんはケータイを選ぶ際、

何を基準にしますか?
「よく写真を撮るからカメラ重視!」という方は、
カメラモジュールについては知っておいたほうがいいでしょう。

——————————————————

まずはCCDについて。
CCDだと比較的メリハリのある写真が撮れます。
暗い場所でも他のモジュールに比べればよく撮れます。
ただ、一番電力を消費するモジュールなので
ローエンドの機種にはあまり積まれていません。

——————————————————

ハニカムCCDは画素の並び方がCCDとは少し違い、
記録画素数の2倍の写真が取れるようになっています。
このモジュールが積まれているのは
ドコモのDと少し前のN端末だけです。

——————————————————

CMOSについて。
取った写真の色がくすんでいたり、
メリハリがなかったりCCDに劣る部分があったりしますが
最近は改善されてきているようです。

CCDに比べ低消費電力なのが魅力で
ローエンド端末から最近ではハイエンドの端末にも
積まれるようになってきました。
テレビ電話用のインカメラはすべてこれになります。
一眼レフデジカメなどではCMOSが使われています。

——————————————————

νMaicoviconはCCDとCMOSのいいとこどり、
もしくは中間に位置するといえるモジュールです。
NとPのFOMAがこのモジュールです。

——————————————————

harulogに載せている写真は
320万画素CCDで撮っています。

僕が機種を決める時は、

カメラ重視でCCDを選んできました。

CCDはオススメできます。

とはいえ画素数もかかわってくると
一概にCCDがいいとも言い切れません。

323万画素CMOSと124万画素CCDであれば
前者のほうがいいかもしれないし。

だから決める時には試し撮りするのが吉。

ただ、モジュールの性格を知っていると、
多少の参考になるのではと思い長々と書いてみました。

あなたの機種はどれですか?

満足してますか?

次の機種変更の時はモジュールも気にしてみましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です