罪と音楽(小室哲哉著)感想。

スポンサードリンク
harulog-罪と音楽

自身の栄光と堕落を書いた「罪と音楽」

書いてあることの大部分は、

反省と自身の音楽キャリアについて。

売れまくっていた時代と、

売れなくなっていった時代。

曲作りの変化。

環境の変化。

人の変化。

自分の弱さ、愚かさ。

人の優しさ。

そしてどれだけ音楽が好きか。。。

—————————————————-

「降ってきた」

という感覚でできた曲があるそうです。

多忙を極めたころは、

そんな感覚はしばらくなかったそうです。

取り巻く状況が芳しくない中、

それでも「降ってきた」曲がありました。

それがglobeの、

「Many Classic Moments」(2002.2.6Release)

なんだそうです。

globeの中では、一番聴いてる曲です。

avexの社長、副社長も、

ちゃんと売っておく曲だったと言っているそうです。

青春時代を彩った小室サウンドが、

復活することを祈るばかりです。

「Lights」(2002.2.6Release)

harulog-lights

#1 Many Classic Moments

—————————————————-

今週のハルちゃんは。。。

月曜日→今日感中継(ソラリアステージ)、
水曜日→ハイアットリージェンシー・ブライダルフェア出演
金曜日→今日感中継(美容イチオシコースがダーツで1円に!?)
全曜日→J:COM Hometown福岡(地デジ11ch)
あと。

10月以降、

テレビラジオでいろいろと動きがあります。

詳細は後日。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です