遺伝10、生年月日30、環境60。

blog_import_5730330ebb705
スポンサードリンク
{3C82E3B6-47D6-4598-8C15-04F373C227A6}
のんちゃんと、こはちゃん。
産休中の今日感ディレクターさんのお宅に、
こはると2人でおじゃましました♪
産休前は当然仕事の話が多かったのに、
今は子どものことばかり(^^)
ママ目線、パパ目線で、
共感話。
今日感話。
短い時間でしたが、
たくさんお話できてよかったです。
こはるはシャイガール。
人に、
場所に、
慣れるまで、
パパママのそばでじっとしています。
やはりこの日もそうでした。
でも「安心」が確認できたら、
ちょっとずつ行動エリアを広げていきます。
まるで草食動物(^^;;
子育てインストラクターとして見ても、
こはるのコミュニケーションのベースは、
「安心、安全、信頼、愛情、一緒に」
という言葉が並ぶので、
まさにその面が出ていて、
パパママとの違いが鮮明に出てます。
だから、
慣れるまで黙ってそばにいてあげるんです。
するとすこーしずつ、
活動範囲をちゃんと自分で広げていきます。
それを親の、もしくは大人のペースに、
無理矢理合わせさせてしまうと、
泣いておしまいです。
はじめはのんちゃんに近づけなかったのに、
眠り込んじゃう直前には、
手にタッチできるところまでは、
テリトリーを広げてました(o^^o)
「この子は慎重な子」
「この子は人見知り」
似て非なるもの。
子どもが言葉の意味を理解しはじめた時に、
「わたしは慎重な性格」
「わたしは人見知り」
どちらで認識するかで、
受け取るイメージは大きく変わる気がするので、
的確に表現しないとな、と感じています。
こんどはのんちゃんと、
起きてる時に遊べたらいいね(^^)
ブログのタイトルは、
以前も書いたことがあったかもしれませんが、
人の性格を形作る要素の割合です。
親からの遺伝は「10%」
たったそれだけです。
あとの90%を見てあげてください。
子どもに限らず、自分のことも。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です