お役立ち情報。

日焼け止めの話。


バッグには3種類の日焼け止めを入れてます。
日焼け止めが何たるかを再確認。
知らない人はわかった上で選びたいところ。
まず、
SPFはUV-Bをブロック、
PAは真皮まで届くUV-Aをブロックしてくれます。
で、
真皮には毛細血管もあるため、
特にUV-Aを防ぎたいところ。
ちなみに日焼け止めの、
SPFはUV-Bに対する効果を、
PAがUV-Aに対する効果を表しています。
SPFは1で20分UV-Bをブロックしてくれます。
PAはプラスの数で見ます。
+はUV-A防御効果がある
++はUV-A防御効果がかなりある
+++はUV-A防御効果が非常にある
++++はUV-A防御効果が極めて高い
と、いう具合。
PAはふわっとしてますね(^^;)
左のDHC SUNCUTQ10は、
SPF50+(16時間以上)
PA+++
中央のGIVENCHY HYDRA SPARKLINGは、
SPF30(10時間)
PA++
(おぐねーにいただいたものなの、うふ♪)
右のアンナトゥモールUVベースクリームが、
SPF27(9時間)
PA++
数値の高さと肌への刺激は比例するので、
肌のことを考えると、
天気や場所によって使い分けたいところ。
僕はSPF、PAの値が低いものをベースで使っていますが、
汗ダラダラかくようなところでは、
数値の高いDHCのものを使ってます。
日焼けが気になる人は、
汗かく度に塗り直しマストです。
日焼け止めの効力、
わかった上で使ってますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です