Apple・スマホ・アプリ

【iPhone7のSuica設定】登録はWallet・チャージはSuicaアプリから。

待ちに待った10月25日。
Apple Pay(アップルペイ)サービス開始日。
iPhoneがついにおサイフケータイ化する歴史的な日です。

深夜2時。
やっぱりアップデートが届きました。

img_4751

すぐにアップデートしましたが、
特に端末上の変化に気付けず、
ひとまず就寝。

で、起きたら、
ネット上にいろいろ情報が出てきてたので、
見ながら登録。

Apple PayもSuicaもiDもQUICPayも、
まずは【Wallet】アプリを立ち上げます。

img_4753

わー☆

で、Suicaを登録したいのですが、
そもそもSuicaカードを持っていません。

img_4760

【Suicaがありません】と表示されます。
福岡にお住まいの方であれば、
ほとんどの方がSuicaカードを持っていないでしょうから、
右下の【Suica発行】でSuicaを作ることから始まります。
※すでにモバイルSuicaアカウントをお持ちの方は、
機種変更手続きなどで済ませられそうです。
僕はおサイフケータイ時代のアカウントを消していたので、
新規で登録を進めることになります。

まずはアプリが必要なので、
JR東日本のSuica・Apple PayHPにアクセスして、

img_4757

モバイルSuicaアプリをダウンロードします。

img_4758

AppStoreでの検索では出にくくないですか?
JR東日本のサイトから飛んだほうが確実です。

img_4759

登録を進めていきたいのですが、
早速悩まされる新規発行3択。

img_4761

定期券ではないことはわかりますが、
【無記名式】と【記名式】の違いはわかりにくいですよね。

僕は記名式を選びました。
記名式だと紛失時に残高を保証してくれて、
Suicaポイントクラブにも加入できるので、
ポイント貯めてSuicaに還元、
といったこともできるようです。

名前等々を入力していくと、
【カードを追加】画面に進みます。

img_4762

登録作業時間数分で完了。

img_4763

できました♡

img_4764

このアプリを使って、
簡単にチャージもできます!

img_4765

チャージに関してですが、
楽天カード(VISA)でもできました!!

もともとAndroidのおサイフケータイは、
楽天カードを登録して、
Suicaと楽天Edyを使っていました。

諸々登録作業を完了させた今思うことは、
楽天カードの滑り込み対応のおかげで、
iPhone7でもAndroidとほとんど変わらない、
電子マネー環境を整えることができました。

VIVA アップル。
VIVA JR東日本。
VIVA 楽天カード。

iPhoneで電子マネー。
素晴らしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください