スマホ・ケータイの話

【iCloudの使い方】写真や動画を共有して本体容量を節約しましょう。

iPhoneの容量がいっぱいいっぱいになってきた人へ

スマホにどんどん蓄積していく写真や動画、どうしてますか??

・写真や動画の整理
・使ってないアプリの消去

などでやり過ごしたものの、結局そのあと写真を撮っては消し撮っては消しのサイクルに追われちゃう…という方、少なくないんじゃないでしょうか。

今回はそんな時の対処法を考えます。

動画データの長さを調節する

データサイズが多い動画データを放置しておくと、あっという間にストレージがいっぱいになってしまいます。

なので、必要な部分だけを残せばデータの節約になります。

もしも動画データが多いと感じる方は、動画の長さを調節してみましょう。

編集マークをタップ

IMG_7230

黄色のカーソルで必要な部分を選択

IMG_7231
不要な部分をカットすることでデータを小さくできます。

この作業では追いつかないという方は、容量の多い端末を買うのも手ですし、外付けのUSBメモリに逃がして本体容量を確保するというのもありです。

外付けUSBメモリiXpand Slimのブログ

外付けワイヤレスメモリConnectWirelessStickのブログ

といったアイテムもあるにはありますが、デジタル慣れしてないと取り扱いが難しいかもしれません。

Android端末をお使いであれば容量の大きなmicroSDカードを挿すことで改善できます。

さて、タイトルの【iCloud】について

まずiCloud(アイクラウド)を簡単に言うと、Apple製のスマホ・タブレット・パソコン利用者が無料、または有料で確保できるクラウドストレージのことです。

データのバックアップや、利用者が同一のiPhone、iPad、MacBookなどの様々な情報を簡単に共有することができます。

例えば、iPhoneで撮った写真や動画が、自動でiPad、パソコンにダウンロードされます。

iPhoneで撮ったあとパソコンを開けば、もうそこに撮ったデータがダウンロードされているので、端末をコードでつないだり、送信する作業をせずに編集作業を始めることができます。

めちゃくちゃ便利です。

Sponsored Link



iCloudの容量は増やしてこそ意味がある

iPhoneユーザーは誰でも無料で5GB分のストレージを使うことができます。

ですが、たった5GB程度ではiCloudのメリットは満喫できません。

必要に応じてiCloudストレージ容量を増やしましょう。

有料ですが、高すぎる価格でもないですし、一度使えば便利すぎて手放せなくなること間違いなしです。

設定→アカウント→iCloud→ストレージを変更

IMG_7233

僕は1TB(月額1300円)のプランを利用してます

僕は1TBプラン(月額1300円)を利用中。
さすがに2TBプラン(月額2500円)は高いですね^^;
1300円も高いっちゃ高いんですが^^;
IMG_7235

そのほかのプランは。。。

IMG_7234
5GB(無料)
50GB(月額130円)
200GB(月額400円)

200GBの次のプランが1TBに飛んじゃうので、僕の場合は1TBプランを選ぶしかなく…

ただ、1TBもクラウドストレージを使えるので余裕のキャパシティ。
IMG_7232
あと780GBくらい、娘が成人するまでたっぷり写真や動画を撮って保存しておくことができます♡

まずはペットボトルドリンクを買うのを1回我慢して、50GBプランあたりを使ってみてください。

16GBのiPhoneを使っている人も、あっという間に66GB分のストレージを確保できます。

初めの登録作業は面倒だと思うかもですが、
そこをがんばれば、ラクになります。

iCloudのストレージを増やしたら

【写真とカメラ】の中の、
IMG_7236

【iPhoneのストレージを最適化】をチェック

IMG_7237
こうすることで、本体の容量がいっぱいになりそうな時は容量節約をiPhoneのほうで勝手にやってくれるようになります。

写真・動画のオリジナルデータはクラウドに保存してくれます。

本体ではサムネイル化されているので、見たい時には再ダウンロードすることでチェック、編集などもできるのでご安心を。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です