おでかけ情報

海外旅行におすすめのモバイルバッテリーAnkerPowerCore20100でバッテリーと心に余裕を。

大容量バッテリーも持ち歩きます。ちょい重ですが。

デジ男のオススメ旅アイテムその2は、
大容量のモバイルバッテリーです。

4CD7181F-ED83-4C03-A705-5FFF27B20779

【Anker/PowerCore20100】

20100mAhと言われてもピンとこないと思いますが、
ざっくり言うと、
僕が持っているiPhone7は約6〜7回充電できるだけの、
バッテリー容量があるということです。

サイズは約166×58×22mmでちょっと大きめ。
重さは約354g。
缶ジュース1本分と紹介されていますが、
やはりズシリとした重みを感じてしまいます。

荷物は軽いほうがいいんですけどねー。。。

スクリーンショット 2017-09-19 3.50.33

それでもPowerCore20100がいい理由

USBが2つあるから

3267C03F-CBA6-47FE-9FC4-82D6C4AC0A29

USB端子が2つあるので、
2つの端末を同時に充電できます。

これがあれば旅先で、
朝出かけた後、宿舎に戻るまで、
バッテリー不足に陥ることは、
まずありません。

僕の場合は、
iPhoneと先に紹介したOSMO Mobileが、
バッテリー消費アイテムになりますが、
もしも撮りすぎてバッテリー不足になっても、
2台同時にチャージ可能。

05510687-90F5-4D3B-9674-79E3CADE6A11

で、2台を満充電にしてもまだ有り余るバッテリー。

このPowerCore自体は、
iPhone等をチャージ後に充電しなくても、丸2日は余裕で持ちます。

出先で電源(コンセント)を探す必要がありません。
バッテリーと心に余裕をもたらすモバイルバッテリーも、
デジ男としては持っておいてほしいアイテムです。

海外にモバイルWiFiを持って行く人もマスト

レンタルモバイルWiFiは、
高速通信分を使い終えても、
低速通信でネット利用ができます。

超低速になりますが、
ネットができないわけではない。

一番困るのは、
バッテリーの持ちの悪さです。

せっかく通信できるのに、
バッテリーが切れてしまっては、
元も子もありません。

6月に韓国に行った時に、
モバイルWiFiにこのモバイルバッテリーを繋いでおいたのですが、
丸1日、バッテリーが切れることはありませんでした。

誰か1人がモバイルWiFiをレンタルして、
誰か1人がモバイルバッテリーを持っていれば、
その場にいる複数人のネット環境を整えることができます。

海外でのネット利用を考えた時に、
コスパ的にもアリな方法かもしれません。

僕は自分の分の環境を、
自分自身で用意したいタイプなので、
今回新しいSIMを用意してみたのですが、
それはまたのちほど。。。

モバイルバッテリーの数字は6〜7割で見る

20100mAhなら14000mAhくらいなので、
約2000mAhのiPhoneならば7回ほど充電できることになります。

商品紹介ページでiPhoneの充電回数が、
10回ではなく7回と謳われているのはそのためです。

もしも5000mAhのモバイルバッテリーならば、
実質3500mAhになり、
iPhoneならば1.5回分くらいの電池容量ということになります。

自分1人、1機種のみということであればいいですが、
複数人のバッテリー管理を考えた場合、
複数端末のバッテリーを確保したい場合、
mAh数は大きい方を断然オススメします。

あわせて読みたい
【オズモモバイルの使い方】iPhoneでブレない動画を撮影する方法!完全歩合給のタレントの仕事をしていると夏休み=無給休暇なので、あんまり、いや"絶対に"休みたくない!!と新婚旅行で初めてイタリアに行く前...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です