イタリア・海外旅行話

【中国/上海でLINEを使う方法】iPhone&SIM2FlyでLINEできちゃいました。

海外旅行時は毎回利用しているタイのキャリア・AISSIM2Fly。度々記事にしていますが、1枚のSIMで行く先々のネットに自動接続してくれる便利なアイテムなのですが、今回また、SIM2Flyのメリットを発見しましたのでご報告です。。。

中国ではLINEが使えない?

中国ではLINEFacebookGmailなどが使えないことは有名です。今回の旅行は上海経由ミラノ行き。ちなみにSIM2FlyのヨーロッパSIMであれば、中国もイタリアも対応しているため、ネットに接続できなくて困ることはないだろうと思っていました。事実問題なく使用できました。下の画像では中国联通というキャリアの3G電波を掴んでますが、場所によってはしっかり4G回線に繋がってくれました。

しかし、LINEFacebookGmailに関しては当然利用できないだろうと踏んでいたんです。。。しかし。。。

中国でもLINE使えるやん

上海でLINE通知が

上海に到着し、機内モードを解除した途端におなじみの通知音が鳴りました。開いてみると実際にLINEメッセージが届いていました。何かの手違いかとその時は思いましたが、時を同じくして妻にもLINEが届きました。あれ?もしかして届いてる?確かめるべく、妻にLINE送信してみたんです。あれれ?送れちゃいました。。。

詳しい人曰く

要するに、いつも海外旅行時に使っているAISSIM2Flyだと、中国の検閲を受けずに済むのでLINEFacebookGmailもできるってことらしいです。SIM2Flyにそんなメリットがあるなんてことは知らなかったので、タナボタ的に通信制限を受けることなく快適にメッセージ送受信することができました。

あくまでも今回は上海での出来事なので、中国国内のそのほかのエリアでどうなるかということはわかりません。ただ、上海においてはLINE等のSNSを使う手段があるということはわかりました。今後行かれる予定があり、LINE等も利用したいという人は、SIM2Flyの存在をぜひ覚えておきましょう。

逆に日本のサービス利用不可?

LINEを中国で使うにはSIM2Flyはもってこいですが、逆にAbemaTVやTVerと行った日本国内利用を前提としたサービスは利用できなくなるようです。あしからず。

NEXT…上海観光/豫園商城へ

上海でまず連れて行ってもらったのが豫園商城(よえんしょうじょう/ユーユェンシャンチャン)という人気の観光地。千と千尋の神隠しに出てきそうな郷愁に誘われる街並みを散歩しました。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です