イタリア・海外旅行話

【上海・新天地】ディンタイフォンのメニュー・値段まとめ。小籠包に舌鼓。

上海の南翔饅頭店で本場の小籠包を食べそびれた我々は、また別の観光地・新天地へとやって来ました。トランジットの時間の都合上、何がなんでもここで小籠包を味わわねばなりません。ということで、新天地にあるディンタイフォンへ。ディンタイフォンは福岡にもあります。そもそも台湾の店でもあります。でもいいんです。美味しかったから。。。

上海・新天地とは?

突然目の前に現れたおしゃれな石造りの建物。この辺り一帯は新天地と呼ばれる上海の観光名所で、グルメやショッピングを楽しむことができます。

新天地

中華人民共和国上海市に2000年に新しく開発された地区。レストラン、ショッピングセンター、事務所ビル、住居用マンションを含む。夜のバー街が特に有名になって、上海の観光名所ともなっている。

上海市街区の石庫門と呼ばれる、古い建物が残る地域を再開発して2000年に開業し、いまはレストラン、ショッピングセンター、事務所ビル、住居用マンションを含んでいる。夜のバー街が特に有名になって、上海の観光名所ともなっているので、大変混んでいる。敷地は興業路によって北里と南里に分かれている。

映えスポットです。

上海・新天地のディンタイフォンへ

どうしても小籠包が食べたくてやって来たディンタイフォン。まぁ、間違いなかったです。

ディンタイフォンの行き方

画像にGoogleMapアドレスをリンクしてます。(豫園商城→新天地/ディンタイフォン)

上海・ディンタイフォンのメニュー&値段は?

我が家が食べたメニューをまとめておきます。ここで表記している金額は全て1元=16円計算です。

特色小籠包/豚肉小籠包

  • 5個33元(528円)
  • 10個65元(1040円)

見るからに肉汁が閉じ込められています。それを解放。まずはそのまま食べて、2口目は黒酢を付けて。

特色蟹粉小籠包/蟹みそ豚肉小籠包

  • 5個58元(928円)
  • 10個116元(1856円)

口の中に豊かな蟹みその香りが広がります。

野生木の子入り小籠包

  • 5個50元(800円)
  • 10個100元(1600円)

木の子がたっぷり、旨味濃縮。木の子のシャキッとした噛みごたえある食感も楽しめます。

牛肉スープ

  • 60元(960円)

さっぱり牛のスープ。思ったより器が小さい。

海老入りスープ麺

  • 62元(992円)

ドリンク

  • 青島純生/ビール38元(608円)
  • アップルジュース38元(608円)

急遽デモンストレーション

娘を見てニコニコ接客してくれていた店員さん。突然何かを手に持ちテーブルでデモンストレーション開始。

どうやら小籠包の皮のようです。先の尖ったものでイジイジしていくこと数十秒。。。

豚さん完成!うまいもんです。ありがとん。

お腹いっぱいになったところで。。。

NEXT…上海外灘(ワイタン)の夜景

やっぱり見ておかないとですね。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です