スマホ・ケータイの話

iPhoneXS/XRのデュアルSIMにドコモauソフトバンクと格安SIMは対応するのか。

iPhoneXSXS Max、XRはiPhone初のDSDS/デュアルシムデュアルスタンバイに対応しています。今年中に提供されるOSアップデートで使えるようになるんだとか。1台のスマートフォンで2つの電話番号を使い分けることが可能になるなので、これまで2台持ちしていた人が1台に集約したり、個人事業主がビジネス用の番号を持ったり節約のためにSIMを使い分けたりといったことがiPhoneでもできるようになります。ただし、日本で販売されているiPhoneXS、XS Max、XRはnanoSIM+eSIM仕様なので自由に使いたいSIMを2枚入れられるわけではありません。絶対に便利なDSDSちょっと不便な!?nanoSIM+eSIM仕様についてチェックしていきます。。。

iPhoneXS/XS Max/XRのeSIM対応状況

ドコモ

  • 未発表

au

  • 未発表

ソフトバンク

  • 未発表

格安SIM各社

  • 未定
あわせて読みたい
【iPhoneXS/XR・デュアルSIMの使い方】設定&回線切り替え方法まとめ。2018年に発売されたiPhoneXS/XS Max/XRはDSDS/デュアルシムデュアルスタンバイに対応しました。2回線を1台のスマホ...

DSDS・DSDV・DSDA

DSDSとは?

2018年に登場した新型iPhoneはついにDSDSに対応しました。DSDS自体は真新しい機能ではありませんが、iPhoneが対応したことで一般化していく言葉だと思います。DSDSはデュアルシム・デュアルスタンバイの略です。1台のスマートフォンに2枚のSIMを入れることができ、2つの電話番号または2つの携帯会社を使い分けることが可能になります。今回iPhoneが対応するのはDSDS。実はSIM2枚仕様には他にも覚えておきたいワードがあるのでまとめておきます。あ、ニンテンドーDSはデュアルスクリーンの略です。念のため。

DSDS
  • デュアルシム・デュアルスタンバイ
  • 両方のSIMで待ち受け可能
  • 通話中はもう1枚のSIMは通信不可
  • 2枚目のSIMに4G回線用が使えない
DSDV
  • デュアルシム・デュアルVoLTE(ボルテ)
  • 両方のSIMで待ち受け可能
  • 通話中はもう1枚のSIMは通信不可
  • 2枚目のSIMも4G回線用が使える
DSDA
  • デュアルシム・デュアルアクティブ
  • 両方のSIMで待ち受け可能
  • 通話中にもう1枚のSIMも通信可能

要するにどういうこと?笑

SIM2枚挿しの中でもDSDS・DSDV・DSDAなど様々な仕様があるんです。どういうことかと言いますと、それぞれに使えるSIMが変わってきます

例えば。

auは3G回線の新規受付を停止しています。ということはDSDS端末の場合、2枚目のSIMでは4G通信ができませんからauの”4G回線オンリーSIM”を2枚目に選べないということになります。SIM選択の自由度が下がってしまいます。

この辺りはソフトウェアアップデートでDSDVに対応できるものなのかどうなのか気になるところです。ただし、iPhoneXS/XS Maxは普通のDSDSでもなかったりするから悩ましいところなんです。。。

Sponsored Link


XS/XS MaxはnanoSIM+eSIM

eSIM搭載

iPhoneXS、iPhoneXS MaxはDSDSではあるんですけど、挿せるSIMは1枚だけです。なぜならすでにeSIMが本体に埋め込まれているからです。埋め込み型のSIMのことをeSIMといいます

eSIMのメリット

物理的なSIMを必要としないので、SIMを入れ替えたり、SIMトレイを引き出すためのSIMピンが見当たらなくて焦ったり、SIMを失くしたりといったことがありません。これまでは機種変更時、ナンバーポータビリティ時、海外旅行時などはSIMの入れ替えが必要でしたが、eSIMスマホであれば手軽にSIMの情報を書き替えられるようになります。

eSIMのデメリット

eSIMへの対応はキャリアに委ねられています。おそらくドコモ・au・ソフトバンクは対応してくると思われますが、2018年10月17日現在、eSIM対応通信事業者の中に日本のキャリアは見当たりません。(→apple.com)使いたいキャリアがeSIMに対応しなければDSDSとして活用できないということになってしまいます。そしてデメリットはそれだけではないんです。。。

eSIM対応キャリア一覧(2018年10月17日現在)

格安SIM+格安SIMは難しそう

AppleWatchのeSIMは格安SIM利用不可

実はAppleWatchシリーズ3にもeSIMは搭載されていました。GPS+セルラーモデルであれば格安SIMも通信できそうなもんですが、実は今年発売されたシリーズ4でもできない仕様のままでした。

iPhoneのeSIMでも使えないだろうな…

おそらく格安SIMはeSIMに対応しない可能性が高い状況です。ということはiPhoneXS、iPhoneXS MaxでDSDSを利用できるのは大手キャリアユーザーのみになりそう。格安SIM+格安SIMという理想的な使い方ができるようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。

中国版iPhoneXS Max/XRはデュアルSIMスロット

でも中国のiPhoneXS Max、iPhoneXRはデュアルSIMスロットになる模様

中国のiPhoneXS Max、iPhoneXRでもおそらく日本の電子マネーは使えます。どうしても2枚挿しできるiPhoneが欲しい場合は中国版を狙ってみるのもアリかもしれません。

あわせて読みたい
iPhoneXS Maxの値段・大きさ・おすすめケース・デュアルSIM設定方法まとめ!ついにAppleから発表された2018年新型iPhone。スマートフォンにおいてはうわさ通りの3機種が発表されました。これまで大型画面モ...
あわせて読みたい
iPhoneXRの価格(ドコモauソフトバンク)&おすすめケース5選!ついにAppleから発表された2018年新型iPhone。スマートフォンにおいてはうわさ通りの3機種が発表されました。スペック的にはiP...
あわせて読みたい
iPhoneXSの価格・スペック・おすすめケース・デュアルSIM設定方法まとめ!ついにAppleから発表された2018年新型iPhone。スマートフォンにおいてはうわさ通りの3機種が発表されました。初めて全画面化を果...

POSTED COMMENT

  1. […] あわせて読みたいiPhoneXS/XRのデュアルSIMにドコモauソフトバンクと格安SIMは… あわせて読みたい【iPhoneXS/XR・デュアルSIMの使い方】設定&回線切り替え方法まとめ。2018年に発売されたiPhoneXS/XS Max/XRはDSDS/デュアルシムデュアルスタンバイに対応しました。2回線を1台のスマホ… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. じゃんぼ より:

    >auは3G回線の新規受付を停止しています。ということはDSDS端末の場合、2枚目のSIMでは4G通信ができませんから、auの”4G回線オンリーSIM”を2枚目に選べないということになります。SIM選択の自由度が下がってしまいます。

    とありますが、AUの場合、3G回線のみ対応nano SIMはありませんので、AU SIMを副回線にすることは無理です。香港版で試し済みです(ドコモ主回線で、AU 3GのMicro SIMをサイズカットして使用は×、AU 4GのNano SIMで使用も×、しかしAU 4GのNano SIMを主回線にすれば、ドコモ副回線○)。
    SIMがややこしいです。

    • ハル より:

      コメントくださりありがとうございます!
      おっしゃる通り、非常にややこしいですね。日本においてeSIMに書き込めるのは大手キャリアの契約だけになるでしょうから、そういう意味ではSIM選別の面倒さからは解放されるような気がします。

      と同時に、せっかくiPhoneがデュアルSIM化しても、eSIMに格安SIMを書き込めないままだとすると、日本の格安SIMユーザーにはメリットが得られそうにない機能、ということになりそうですね^^;

  3. […] あわせて読みたいiPhoneXS/XRのデュアルSIMにドコモauソフトバンクと格安SIMは… […]

  4. […] あわせて読みたいiPhoneXS/XRのデュアルSIMにドコモauソフトバンクと格安SIMは… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です