スマートフォン・携帯電話

【ドコモauソフトバンク】5Gスマホ料金やiPhoneの対応時期はいつ?

『2020年』と言えば東京オリンピックが真っ先に浮かびますが、デジタルガジェットオタク的には5Gの商用サービスが本格スタートする楽しみな年でもあります。最近よく耳にするようになってきた『5G』とは一体何なのか、どんなことができるのか気になりませんか?各社の5Gサイトを見ると未来の風がビュンビュン吹いてます。今回は5Gの気になる料金やiPhoneが使えるのかなども調べてみました。。。

妻
何?またスマホ買うことになるわけ?で、買うわけ?
はる
はる
えっ?汗

5G(第5世代移動通信システム)とは?

5Gのメリットはズバリ…

  • 大容量化
  • 高速化
  • 低遅延
  • 多接続
  • 低コスト・省電力化

ということになります。現行のLTE,LTE-Advanceのさらに次世代の高速移動通信方式で、高低の周波数帯を組み合わせることで飛躍的な高速化を可能にします。人が密集したイベント会場や大都市エリアで4K/8Kといった超高解像度動画のストリーミング再生を快適に楽しめるようになるんだとか。通信の安定性を確保した上で100倍の高速化1000倍の大容量化を目指しているとのことで、5Gサービスが始まれば大手キャリア利用者がネットの遅さにイライラすることはまずなさそうです。

5Gがもたらす未来

スポーツ観戦が変わる!

スタジアム内に無数の小型カメラを設置して、スタンドからだけではなくグラウンド目線、選手目線で観戦できるようになりそうです。サッカーならPKの時のゴールキーパー目線で見られたり!?それをVRゴーグルで見ようものなら。。。スポーツ観戦の臨場感がとんでもないことになりそう。『趣味はデジタルスポーツ観戦です』なんて人も増えそうですね。僕はめちゃくちゃスポーツを見るタイプではないですが、映画と同じくらいのエンターテインメントとしてスポーツが楽しめそうな予感。

自動運転

車載AIロボットがドライバーをモニタリングして居眠り運転しないよう働きかけてくれるようになるんだとか。当然、歩行者・先行車・後続車・対向車・障害物・道路状況なども検知しながら安全運転に導いてくれるはず。完全自動運転になれば危険な運転も減りそうです。高齢者による事故や危険運転による事故が報道される昨今、自動運転化への早急な対応が望まれます。ちなみに私は自動運転レベル1の車に乗っています。レベル1は自動運転ではなく運転支援。レベル1でも車線の逸脱を検知した時のステアリング補正や、先行車との距離を一定に保つための自動速度調整もこなしてくれます。レベル1でも充分な運転支援を体感できますし、全車に標準搭載してくれたらと切に願う機能ですが、車はそうそう買い替えるものではありません。自動運転は車依存の機能になりますが、例えばスマートグラスなどをかけることで運転支援機能を享受できるようになれば、運転が身近でより安全なものになるのではないでしょうか。

日常生活の支援

わざわざスマホを操作する必要がなくなる時代が来るのかもしれません。スマホがハブ装置となり、生活を助ける相棒として様々な作業を担ってくれるようになりそうです。音楽を聴きながら最新の交通情報や気象情報などが随時イヤホンからアナウンスされたり、リアルタイムに通訳してくれるようになったり。リアルタイム通訳が実現しちゃったら、語学学習はどういう捉えられ方をするようになるんでしょうね(笑)

防災・減災

都市映像をAI解析することで異常を検知。5Gは防災・減災にも貢献します。

遠隔医療

高精細診断映像のリアルタイム共有が可能になり、医療格差の解消にも繋がるんだとか。

未来を覗き見できる動画

Society5.0

ハイパーリアリティ

docomo×Perfume

au×5G

SoftBank×5G×IoT

大手キャリア各社2019年にプレサービス開始

ドコモは2019年9月

2019年9月からドコモがラグビーワールドカップの会場でプレサービスを提供します。無料で貸し出された端末で5G体験できる模様。新しいラグビー観戦スタイルが体験できるはず。全ての会場で体験できるのか、一部会場のみとなるのかは未定です。

ラグビーワールドカップ2019開催都市・試合開催会場

→ラグビーワールドカップ2019日本大会公式サイト

au・ソフトバンクは?

2018年10月に開催された総務省での公開ヒアリングでauは『2019年、一部エリアから5Gを開始する』ソフトバンクは『2019年夏以降、5Gのプレサービスを開始する』とアナウンスされた模様。ソフトバンクのプレサービスではヤフオクドームの臨場感を360度VRで体験できるようになるんだとか。

5G本格スタートは2020年春

東京オリンピック開幕目前となる2020年春には5Gサービスが本格的にスタートしそうです。4Gまでは都市部からエリア展開されていましたが5Gに関しては必ずしもそういうわけではないようです。

ドコモ

ドコモは都市部か地方かという区分けではなく「5Gが必要とされる場所」からエリア展開。

au

auは5Gの意義の1つとして「地域課題解決と地方創生」を挙げ、エリア展開については『首都圏だけではなく、多くの地域に整備』

ソフトバンク

ソフトバンクは地方・都市部を問わずニーズに応じて展開していく考えで『2022年には全国展開できると思う』としています。

楽天モバイル

楽天モバイルも2020年にサービスを開始する予定です。

5Gのスマホ料金はどうなる?

スマホと同じくらい?

5G月額料金がどうなるかも気になるところ。ドコモ社長は『スマホと同じくらいの料金でサービスできないか』au社長は『安価な料金を提供していかなくてはならない』ソフトバンクは法人向け・個人向けに様々なプランを作る方針を示しています。高くて手を出しにくいという状況は避けられそうです。そもそも”低コスト”が5Gのメリットに挙げられるくらいなので、ぜひ莫大な5Gインフラ投資額(ドコモの場合は累計1兆円分!)が料金にズシリと乗っかってこないことを願うばかりです。

ドコモは2019年値下げ予定

2019年度第1四半期(4月〜6月)に2〜4割の値下げを発表しているドコモ。単純計算すれば通話料(5分定額・1700円/月)+SPモード(300円/月)+データパック(20GB・6000円/月)=月額8000円で考えた場合、毎月の支払額は4800円〜6400円まで下がります。2〜4割程度なかなか魅力的な金額ではないでしょうか。さすがに既存ユーザーに対してそこまでの値下げがあるとは考えにくいですし、どこをどう値下げするのかの発表を待たねばなりませんが、ぜひ男気を見せてもらいたいところです。

5G対応スマートフォンは?

まもなく登場?

5Gの周波数帯に対応している必要があるため、既存のスマートフォンで5G通信することはできません。ちなみにアメリカではすでに数機種の5Gスマホのリリースがアナウンスされていて、サムスンのGalaxyS10Xが5Gに対応するという噂も。国内スマホメーカーで5Gに対応するのであれば、シャープならAQUOS R2までは出てるので型番的にはAQUOS R3あたり?ソニーであればXperiaXZ4あたりで5Gへの対応が期待されます。省電力が売りの5Gですが、5G初対応のスマホのバッテリーがどのくらい持つのかも気になるところです。

iPhone11での5G対応は見送りか

livedoorニュース→2019年秋に発売と噂の「iPhone11」情報まとめ 5Gへの対応は見送りか

2019年版iPhoneは5G対応が見送られそうな情勢です。日本で5Gが本格スタートするのは2020年春ですし、世界的に見ても5Gが始まったばかりのタイミングなので慌てる必要はない、と見るか、3GPP(移動通信システムの規格策定を行う標準化団体)にAppleの名前がないことが多少影響してるのか??引き続き注目です。。。

情報が出次第、追記していきます!

妻
で、またたっかいスマホ買うわけ?
はる
はる
黙秘します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です