お役立ち情報・イベント開催告知はLINE@で
おすすめキャッシュレス

【キャッシュレス基本講座】スマホ決済のメリットはお得・安全・衛生的。

9つ以上のキャッシュレス決済を使ってみた僕が、キャッシュレスデビュー前のあなたのために、キャッシュレスを使っててよかったと感じることをまとめてみます。

妻
ねぇねぇ、キャッシュレスのメリットって何なの?
はる
はる
それ、よく聞かれます。便利お得というのが最大のメリットですが、そのほかにも良さを実感できるシーンはたくさんあります。
妻
お得以外のメリットの方が興味あるかも。
はる
はる
御意。

というわけで、今回はキャッシュレス決済を使うことのメリットを洗いざらい書き連ねて行くことにします。キャッシュレス決済をまだ使っていない人の判断材料になれば幸いです。

現金不要・キャッシュレスのメリット

僕が使っているキャッシュレス決済

  1. ApplePay→全般
  2. Suica→乗り物系
  3. QUICPay→コンビニ他
  4. 楽天Pay→ローソン他
  5. OrigamiPay→ロフト他
  6. LINEPay→ファミマ他
  7. PayPay→対応飲食店他
  8. メルペイ→iD対応店
  9. MasterCardコンタクトレス→海外旅行時
  10. クレジットカード→その他全般
はる
はる
数多あるキャッシュレス決済ですが、そのほとんどに共通するメリットを挙げてみます。

ATM不要

口座を保有する銀行・時間帯によって現金を引き出す時にATM手数料がかかりますよね。

108円とか216円とか。

預金利息が数円しかつかないのに手数料でそれだけかかるのって、僕は納得がいかない(笑)

ATM手数料を無料にできる方法は銀行によって色々ありますが、キャッシュレスであればATMを頼ることもないので無条件で手数料を実質無料化できます。

財布に小銭が溢れない

当たり前ですけど現金だとお釣りが発生します。

お釣りが増えると財布が膨らみます。

僕はそれがイヤ(笑)

こないだスマホを水没させてしまってSuicaが使えない状態でバスに乗りました。

  • 整理券を取る
  • 乗車料金を前方の電光掲示板でチェック
  • 料金確定までソワソワ
  • そして小銭不足
  • 降りるちょっと前に両替
  • 10円欲しさに990円のお釣り発生

不便さを痛感しました。

Suicaアプリならチャージもアプリ上でできるのでソワソワすることもないし、小銭が増えることもないし、降りる前に前の方に行く必要もありません。

Suicaの話を例に挙げましたがPayPayも同じ。

キャッシュレスのメリットはそういう手軽さ面倒から解放されるところにあります。

現金を触らなくていい

インフルエンザシーズンとかは如実に思いますが、誰がどんな手で触ったかもわからない現金は絶対に触りたくない。

僕は潔癖症ではないです。

でも、街中のトイレを利用した時に手を洗わないまま出ていく人は結構います。

そんなシーンを見るにつけ”現金は触りたくないな””キャッシュレス化は神だな”と心の中で思っています。

クレジットカードの署名不要

クレジットカードもキャッシュレスツールのひとつですが、署名が必要なケースはまだまだあります。

海外だと4桁のPINコードで済むケースばかりだったので、日本も早くそうなればいいなと。

スーパーマーケットはPINも署名不要のところがほとんどです。

イオンやゆめタウンはiDやQUICPayといったキャッシュレス決済に対応しています。

Wポイント

現金だとポイントなし。

クレジットカードだと一般的には利用額に対して1%相当のポイントが発生。

例えばPayPayの支払い方法をクレジットカード払いにすると、クレジットカードのポイントとPayPayボーナスの両方が貯まります。

クレジットカードのポイント還元率が1%、PayPayの還元率は0.5%なので合わせて1.5%。

利用額1万円なら150円、10万円なら1500円、100万円なら1万5000円相当のポイントが貯まる計算。

毎月出て行くお金はいくらですか?

キャッシュレス決済を利用していない人は単純計算でその金額の1.5%のボーナスを捨てているということになります。

もったいない!!

増税対策

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。

ポイント還元があるキャッシュレスは負担を軽減してくれるツールでもあるのです。

増税のポイント還元対象サービスについては別記事で。

あわせて読みたい
消費増税ポイント還元対象のクレカ・電子マネー・キャッシュレス決済一覧2019年10月に8%から10%に引き上げられる予定の消費税。 当然消費税が上がれば支出を渋る心理が働くでしょうから、政府は消費増...
妻
トイレの後に手を洗わないってのが衝撃的。
はる
はる
衛生的な面でもキャッシュレスを導入するメリットはあります。衛生面を理由に現金NGとしているお店もありますし。
妻
衛生的なメリットは盲点だったわ。
はる
はる
加えて、クレジットカードを渡さなくていいのでスキミング対策にもなります。安全面でもキャッシュレス決済は要チェックです。ちなみに海外でもキャッシュレス決済が簡単に使える時代になっているのをご存知ですか?

海外旅行はコンタクトレス決済がおすすめ

世界中でApplePayが使える

iPhone8以降のApplePay対応iPhoneならNFCPay/コンタクトレス決済を海外でも利用することができます。

コンタクトレス決済マーク

  • MasterCard→MasterCardコンタクトレス
  • JCB→JCBコンタクトレス
  • アメックス→American Express Contactless
はる
はる
VISAコンタクトレスもありますが、ApplePayには未対応です。(2019年3月現在)

上記3ブランドのいずれかのカードをiPhoneに登録するだけでコンタクトレス決済の準備は完了です。

MasterCardコンタクトレスは80か国以上・600万か所以上の店舗で利用可能。

海外旅行好き海外出張が多い人は覚えておきたい決済方法です。

コンタクトレス決済のメリット

現地通貨を持ちすぎなくていい

コンタクトレス対応カードをApplePayに登録しておけば、ApplePay対応国でキャッシュレス決済を活用できるので現地通貨を持ちすぎる必要がありません。

セキュリティの高さ

相手にカード本体を渡す必要がないため、カードをスキミングされる可能性がないのもコンタクトレス決済の魅力です。

カード番号が加盟店に漏れることはなく、カメラや悪意ある人物から盗み見られることもありません。

指紋認証や顔認証機能を合わせれば、より安全です。

海外での支払いもクレカポイントに

支出は全てクレジットカードのポイントにできます。もらえるものはもらっておきましょう。

MasterCardコンタクトレス体験記

イタリアでもコンタクトレス決済

ApplePay対応国のイタリアでもMasterCardコンタクトレスはちゃんと使えました。

海外ではクレジットカードがほとんどの場所で使えますが、コンタクトレス決済は輪を掛けて便利です。

あわせて読みたい
【マルペンサエクスプレスでミラノ市内へ】切符の買い方・乗り方とPay&Goコンタクトレスについて。 4度目のイタリア旅行も再び『ミラノ・マルペンサ空港』に舞い降りました。 ここから北イタリアの交通の要所『ミラノ中央駅』に移...

MasterCardコンタクトレスまとめ

あわせて読みたい
【MasterCardコンタクトレス】海外旅行でApplePayを使う方法まとめ。 結論から言えば、旅行先がApplePay対応国であればiPhoneを使ったキャッシュレス決済でショッピングしたり、コンタクトレス...

すぐにMasterCardを作りたいなら

年会費永年無料で所有でき、なおかつ入会ポイントプレゼント多めヤフーカード楽天カードdカードをピックアップしました。

あわせて読みたい
キャッシュレス・カード初心者におすすめのクレジットカード6選星の数ほどあるクレジットカード。 年会費だけを見ても初年度無料、永年無料、有料などさまざま。 ブランドも多く、初めてのクレジ...

おすすめキャッシュレスブログ

あわせて読みたい
スマートフォンに入れておきたいおすすめキャッシュレス決済一覧。 キャッシュレス決済歴、はや15年。 そろそろキャッシュレス決済も黎明期から過渡期に突入し、キャッシュレス決済デビューした人...

紹介しているキャッシュレス決済

  • PayPay
  • LINEPay
  • 楽天ペイ
  • OrigamiPay
  • メルペイ
  • d払い
  • Mastercardコンタクトレス
  • おすすめクレジットカード
  • スタバ and more

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です