おすすめキャッシュレス決済

PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。

まとめて支払いの設定方法

1.ホーム画面でチャージをタップ

2.チャージ方法をタップ

3.まとめて支払いをタップ

4.まとめて支払いを設定する

はる
はる
ソフバン・ワイモバ回線確認のためWi-Fi設定はオフにしておきましょう。

5.アカウント確認

6.まとめて支払い設定完了

7.まとめて支払いでチャージする

はる
はる
これでPayPayのまとめて支払い設定・チャージは完了です!

まとめて支払いなら利用可能額が上がる可能性も

ヤフーカードのチャージ上限金額

青バッジ+本人認証設定済みヤフーカード

  • 過去24時間:25万円
  • 過去30日間:25万円

本人認証設定済みヤフーカード

  • 過去24時間:2万円
  • 過去30日間:5万円

まとめて支払いの上限金額

  • 満12歳未満:最大2,000円/月
  • 満20歳未満:最大20,000円/月
  • 満20歳以上:最大100,000円/月
はる
はる
青バッジなしアカウントなら上限5万円。生活費をPayPay1本にまとめるには上限額が不足していると言わざるを得ません。

僕の場合、上限5万円→6万円に

青バッジなし本人認証設定済みのヤフーカードだったので、これまでのチャージ上限金額は過去30日で5万円でした。

しかしまとめて支払いの上限額は満20歳以上で10万円です。

ただし、全ての人が10万円というわけではなく、利用期間などによって金額は変わってくるようです。

僕のまとめて支払い上限金額は6万円でした。

はる
はる
上がらないよりマシか(笑)

まとめて支払い上限額確認方法

  1. PayPayアプリを開く
  2. 画面下部のアカウントをタップ
  3. 支払い方法の管理をタップ
  4. 画面上部のカードをスライドさせて”まとめて支払い”を表示させる
  5. 利用上限を確認するをタップ
  6. ご利用可能額などをタップ

  7. ご利用可能額を設定をタップ

  8. 金額確認・変更する場合は金額入力

  9. 完了
はる
はる
設定可能額以上の金額には変更できませんでした。

便利だけどスマホ料金が見えにくくなる点に注意

これまで利用したことがなかったまとめて支払いですが、PayPay利用においては無視できなかったため早速使えるように設定してみました。

繰り返しになりますが、スマホ料金をクレジットカードで支払っている人にとってはPayPayチャージ分を利用中のクレジットカードで決済できる点はメリット大です。

ソフトバンク・ワイモバイルの料金をクレジットカード払っていて、PayPayもよく使う人は次のチャージから“まとめて支払い”を利用した方がお得です。

ただし、デメリットも挙げておきます。

明細書を見ない人がまとめて支払いを利用すると、毎月のスマホ料金がわかりにくくなってしまう点には注意が必要です。

毎月のスマホ料金を把握することは、適切なプランを利用する上でとても大切なことです。

まとめて支払いを利用するのであれば、スマホ料金はいくらだったのか、PayPayにはいくらチャージしたのかを明細書でしっかりチェックするようにしましょう。

PayPayのチャージ上限額は設定できるため、使いすぎる心配はありません。

もうすぐ消費税8%から10%に上がります。

はっきり言ってクレジットカードの1%だけでは不十分です。

2%でもトントン。

消費増税分をカバーすべく最大還元率環境を整えて、損しないキャッシュレスライフを追求していきましょう!

→PayPayをダウンロードする(iPhoneの人はこちら)

→PayPayをダウンロードする(Androidスマホの人はこちら)

増税前のキャッシュレススタンバイブログ

消費増税ポイント還元対象のクレカ・電子マネー・キャッシュレス決済一覧 こんにちは。 "キャッシュレスアンバサダー"を自称しているハルです。 今回はキャッシュレス準備が進んでいない方、まだ...
1 2 3

POSTED COMMENT

  1. […] PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。 ※過去の栄華… […]

  2. […] PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。 ※過去の栄華を記録するため、タイトルは記事更新当時の4%表記を継続しています。 ※ポイント付与率は下がり続ける一方で […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください