おすすめキャッシュレス決済

AirPAYのメリット・デメリット|PayPay決済手数料・入金サイクル詳細情報

AirPAYのメリットは?

◀︎前ページ|AirPAY対応決済一覧

AirPAYは導入費用0円

はる
はる
お金をかけず、身近な端末で導入できます。

AirPAYアプリは0円です。

さらに0円スタートキャンペーン期間中なのでカードリーダーも0円で貸与されます。

キャンペーン終了時期は告知されておらず突然終了してしまう可能性もあるため、お金をかけずに導入したい人は急いだ方がよさそうです。

※0円スタートキャンペーンは申込み月の6か月後の月末までに審査通過した場合、1台18334円(税別)のカードリーダー貸与料金が0円となります。
※AirPAYアプリはAndroid非対応です。

AirPAYは入金サイクルが短い

AirPAYの魅力は入金回数の多さ振込手数料がかからないところ。

サービスによっては登録する銀行口座によっては振込手数料がかかってしまうため、決済手数料+振込手数料を計上しなくてはならないケースもありますが、AirPAYなら決済手数料のみです。

さらにどの銀行口座でも入金回数が3〜6回と他サービスより多いのも魅力です。

※ゆうちょ銀行は利用不可。
※振込回数はみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の振込口座が月6回、その他金融機関は月3回の振り込みです。

AirPAY利用者の声

  • カード決済のお客さんの方が客単価が高い。
  • たくさんのカード決済に対応することがリピート率にも繋がっている。
  • 1台の端末で全てに対応できて便利。
  • スキミングの不安を与えずに済む。
  • 外国人にも対応できる。
  • レジ周りがスッキリした。
  • お客さんの利便性に貢献できている。
  • 手数料が安い。
  • ヘルプデスクの対応が丁寧だった。
  • 複数決済に対応することで売上が増えた。
はる
はる
決済手数料がデメリットにならないことがわかります。

客側のメリット

  1. クレジットカード
  2. 交通系IC(Suicaなど)
  3. 電子マネー(iD・QUICPay)
  4. PayPay
  5. LINEPay
  6. d払い
  7. auPAY

お客さんは上記決済サービスの中から好きな支払い方法を選ぶことができます。

やはりQRコード決済に複数対応してくれているメリットは見逃せません。

客側としてはPayPay、d払い、auPAYなど比較的元気のあるコード決済に対応してくれているので、その時々で最も還元率が高い決済方法を選んで支払うことができます。

はる
はる
支払い方法選びたい放題です。
妻
そもそもAirPAYってどこがやってるの?
はる
はる
リクルートライフスタイルです。
妻
リクルートなら安心ね。

AirPAYの決済手数料はいくら?

AirPAY決済手数料

はる
はる
消費者還元事業者登録で2020年6月末までは実質2.16%で利用できます!

AirPAY QR手数料

はる
はる
国内QRコード決済は消費者還元事業者登録で2020年6月末まで実質2.16%で利用できます!

唯一のデメリットはQR手数料

例えばPayPayに対して加盟店登録した場合、PayPay決済における手数料は今のところ発生しません。

AirPAYの場合はコード決済での手数料が発生します。がしかし、AirPAYの場合は国内外6コード決済に一括で申し込みできます。

QRコード決済の手数料は将来的には上がります。その手数料が3.24%をどのくらい下回るのか、大差ない手数料になるのかは今のところ不明です。

決済手数料0円のメリットを取ってレジ周りにたくさんのQRコードを置くか、はたまた決済手数料を飲んで6つの決済方法に一括対応するかは、経営者判断ということになります。

\たくさんの決済方法に一括対応!/

AirPAY|お申込みはこちら

はる
はる
AirPAYで一括対応するか、各決済で手続きするかは経営者判断です。
1 2 3 4

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください