おすすめキャッシュレス決済

dカード(年会費無料)|d払いで貯めたdポイントを投資で運用してみよう!

はる
はる
ディーディディーディッディッディディー♪

新しくクレジットカードを作りました。

僕はクレジットカードというものはメインカードサブカードの2枚があれば充分だと考えていたんですが、3枚目のカードとしてdカードを作ることにしました。

なぜ新規でクレジットカードを作ったかというと、キャッシュレス決済の台頭で“クレカを1枚に集約するのが最得”という考え方が“通用しなくなってきたから”です。

今、QRコード決済の中で『d払い』に勢いを感じています。

2020年2月4日、NTTドコモ・メルカリ・メルペイの提携が報道されました。

この提携により今後、d払い・dポイント・メルペイの連携が進み、シームレスに“使う・貯める”ことができるようになっていきます。

ちなみにメルペイOrigamiを買収したばかり。(2020年1月23日発表)

つまりこの2週間弱で、

d払い×メルペイ×OrigamiPay

というキャッシュレス超再編が行われたことになります。

2020年はヤフーとLINEの経営統合も進み、PayPayとLINEPayが一本化される可能性もあります。

というわけで今後のコード決済は、

  • PayPay
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • auPAY

という顔ぶれで覇権争いが進むと思われます。

※楽天ペイとauPAYは提携関係にあるので、実質的には三つ巴かも。

この4ツールは使えるようにしておいたほうがいいし、せっかくなら“お得に”使えるようにしておきたいじゃないですか。

そうなるとd払いにおいてdカードは不可欠なんです。

dポイントが最大+7%還元になる『dポイントスーパー還元プログラム』の還元対象はdカードに限定されています。

さらにdポイントがより多く貯まるdポイント特約店d払いやdカードで支払えば、“普段使いでも高還元率”だったりします。

何よりdカード年会費永年無料なので、使おうが使わまいが持っておいて損しないクレジットカードでもあります。

加えて、貯まったdポイントは“dポイント投資で増やせる可能性”も秘めているんです。

というわけで今回はドコモユーザーはもとより、誰が使ってもたくさんのメリットを受けることができる“dカードの魅力”に迫ります!

はる
はる
まずはポイント投資に注目します!
1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください