仕事風景

コウノドリシーズン2開始直前|吉田羊さん直撃インタビュー|今日感テレビ

大人気マンガ『コウノドリ』が豪華キャストでドラマ化されたのが2015年のこと。

あれから2年。。。

ついにドラマ・コウノドリ続編のOAが決定しました!!

主人公の産科医・鴻鳥サクラを綾野剛さん
後輩の産科医・下屋加江を松岡茉優さん
ムードメーカーのベテラン助産師を吉田羊さん
新生児科の医師を坂口健太郎さん
サクラの同僚産科医・四宮春樹を星野源さん
新生児科部長の今橋貴之を大森南朋さん

という豪華すぎる俳優陣が前作に引き続き再集結。

さらにサクラ・四宮の恩師として佐々木蔵之介さん、研修医・赤西吾郎にTHE BOOMの宮沢和史を父に持つモデル宮沢氷魚(ひお)さんがドラマ初出演。

加えて、毎回登場するゲスト俳優陣がストーリーを盛り上げます。

ペルソナ総合医療センターを舞台に、出産・妊娠に臨む母・夫・家族、生まれてくる命のリアルと奇跡を描きます。

読み応えのある原作マンガをさらにふくよかに見せてくれるドラマ『コウノドリ』の放送開始を前になんと。。。

はる
はる
吉田羊さんにインタビューさせていただきました!!
IMG_3702

\2週間無料お試し/

Paraviでコウノドリを視聴

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

ご指名いただき、上京

ご本人にお会いするまで信じられなかったのですが、本当だったので書きます。

今週初めの午前中、僕の電話がなりました。

RKBの方からの電話でした。
出ると。。。

『今週東京行けますか?吉田羊さんのご指名で。。。』

耳を疑いました。
すぐには理解できませんでした。

コウノドリのインタビュー依頼を出したところ、吉田羊さんが僕の名前を挙げてくださったと。。。

外でその電話を受けましたが、うれしすぎてニヤニヤが止まりませんでした^^;

過去にも書いたことがありますが、インタビューする時は相手に失礼にならないようにめちゃくちゃ準備します。

情報収集して、自分なりの感想を持って、聞いてみたいことを洗い出して、ご本人にぶつけてみて、それがいい質問の時もあれば、はずしちゃうこともあって、そんなこんなであっという間の時間が過ぎて、手応えを感じられる時もあれば、感じられない時もあって、でも大抵再びお会いできることはなくて、自分の中でずっと燃え尽きることなく残っている。。。

というのがインタビュー後の心模様です。

でも、羊さんとはご縁あって映画『ビリギャル』の時に初インタビュー。

その後、2年続けてヤフオクドームでの始球式を取材させていただき、幸運にも3度もお会いすることができていました。

そして今回。

資料にある僕の名前を見て『ハルくん』と羊さんが言ってくださった。

これはいい内容の通知表をいただけたような、インタビュー後の悶々とした心模様を一瞬にして晴れやかにしてくれたような、本当にうれしい出来事でした。

TBSのインタビュールームに入ってソワソワしていると羊さんのマネージャーさんが、

『すみません逆指名で』

とおっしゃったので『あ、ホントにご指名いただけてたんだ』とその時にやっと信じることができました^^;

ホントにうれしかったもんで長々と書いてしまってすみませんm(_ _)m

大好きなドラマ、大好きなマンガ

僕は娘が生まれる前からこのマンガを読んでいたし、原作に勝るとも劣らない魅力をドラマに感じていました。

電子貸本Renta!ebookjapanコミックシーモアU-NEXTFOD

新たな命が誕生するという神秘、奇跡を毎回描き出す熱量の高いドラマです。

臨場感のある出産シーンも見どころのひとつです。

実際に赤ちゃんも登場します。

一体どんな撮影現場で、どんな雰囲気の中で撮影されているのかも羊さんから伺うことができました!!

今回のインタビューを聞いた上でドラマを見ればより深く楽しめることは間違いありません!!

今日感テレビで、近日OA予定です!!

ドラマの放送が10月13日金曜日の夜10時なので12日木曜日か、当日13日金曜日のOAが今のところ濃厚です。

はる
はる
羊さん特別インタビュー&コウノドリお見逃しなく!!!!
IMG_3703

せっかくTBSに来たので記念撮影しました

TBSをバックに

IMG_3693

東京はとにかく建物が大きいですね。

オールスター大感謝祭の放送日ということで、スタッフのみなさんがあちらこちらで準備を進めていらっしゃいました。

せっかくなので心臓破りの坂もダッシュ

IMG_3699

見た目以上に長い坂でした。

テンションが上がる1日でした

ディレクターさんとプチ打ち上げ

IMG_3860

普段会えない人と会い、普段行かない場所に行くと心に気持ち良い負荷がかかります。

今回は、

吉田羊さんであり、
東京という場所であり、
TBSであり、
都会の風をまとうTBSの局員さんであり、
感謝祭放送日という偶然であり、
信頼できる同行ディレクターさんであり、

とにかくすべてが魂を歓喜させてくれる要素でした。

インタビュー後に羊さんが退室された後、燃え尽きた僕と、なぜか汗だくのディレクターさんとで充実したひとときをじっくりと噛みしめました。

その後せっかくなので近くにある「金舌」(読み:きんたん)というお店のうますぎる肉を噛みしめました。

楽しくなりそうなことばかりを常々考えているディレクターさんと一緒だったので、お会いするたびにいろんな話が出てきます。

年上の方なんですが、『この人はずっと楽しく仕事していくんだろうな』と感じる人。

僕も年下の人と仕事をすることが増えてきました。

関わる人たちにそんな姿を見せられているだろうか。

同じ業界の若い世代の人たちが自分の姿で夢を見させることができるだろうか。

なんてことを、ふと思ってしまいました。

そういう意味での”見られているという意識”は持っていなきゃなぁと。

そんな今日1日に感謝。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください