ハルパパ育児コラム

手作りベビーゲート|赤ちゃん用の柵を100均突っ張り棒でDIYしました!

生後7か月の娘が早くも、

  • はいはい
  • つかまり立ち

するようになってきました。

階段キッチンへの動線など“柵を設置したい場所”がありますが、ベビーゲートの既製品となると数千円から万単位の支出は避けられません。

安定性・安全性はもちろんのこと、扉付きのものなら大人も出入りしやすいのが既製品の魅力です…

が!

今回は節約&アイデア勝負ということで100円ショップのアイテムのみでDIYしてみました!

100均グッズのみでベビーゲートを作ることは不可能ではありません。

『ベビーゲートをどうしようかなぁ…』とお考え中のパパママにおすすめの“わが家の手作りベビーゲートの作り方”をご紹介します!

つっぱり棒

  • 85〜120cm
  • 耐荷重5kg
  • 220円(税込)×2本
はる
はる
つっぱり棒は耐荷重3kg・5kgのものと強力ねじ止め20〜40kgのものがあります。今回は中間の5kgを使いました。

ワイヤーネット

  • 62cm×40cm
  • 220円(税込)×2枚
はる
はる
サイズが豊富なので階段幅ピッタリに合わせることができました!

結束バンド

  • 40本入り
  • 110円(税込)
はる
はる
つっぱり棒とワイヤーネットは結束バンドで縛り付けます!

ステンレスピンチ

  • 2個110円(税込)
はる
はる
扉の鍵として使うために購入しました!

ベビーゲートの作り方
わが家の場合

片方のネットを固定する

  • つっぱり棒をしっかり固定
  • つっぱり棒とワイヤーネットを結束バンドで縛る
  • ワイヤーネットが動かないよう四隅を固定

もう片方のネットを固定する

  • もう一枚のワイヤーネットを並べて、中央部分のみを結束バンドで繋ぐ

子どものための通り道を作る

はる
はる
中央部分のみを繋ぐことで開閉可能に。7歳の娘のための通り道ができました!

鍵を設置

  • ステンレスピンチでつっぱり棒とワイヤーネットを挟み込む
はる
はる
娘が通るときのみこれを外してロック解除。上下に設置しておくことで勝手にワイヤー扉が開く心配もありません!
はる
はる
早速近づく娘。余裕で行く手を阻むことができました!

ベビーゲートを
100均グッズで作るメリット

とにかく安い!

今回のベビーゲート自作にかかった費用は計1100円のみ。

既製品は一番安いものでも3000円台後半なので、100円均一DIYはバリ安です。

赤ちゃんには充分な耐荷重

耐荷重5kgのつっぱり棒を2本、これでもかという程しっかり力を入れて固定しているので娘が体重をかけてもまったく動じることはありません。

100均DIYでも安定感はあるなというのが正直な印象です。

使用後、別の使い方ができる!

ベビーゲートはベビーゲート以外の使い道がありませんが、100均DIYで使ったのもは解体して新たな収納作成グッズとしても使うことができます。

モノを捨てずに再利用できるのでSDGsにも繋がります。

くれぐれもガッチリ固定を!

既製品DIYも同じことが言えると思いますが、とにかくしっかりがっちり固定しましょう

緩いとガードとしての機能を果たしてくれないばかりか、倒れて下敷きになる危険性もあります。

加えて、DIYする場合は体重を支えられるだけのパーツ・アイテムを使うようにしたいところです。

やはり耐荷重3kgよりは5kgの方が安心感がありますし、400円の強力つっぱり棒なら見た目からして心強いです。

はる
はる
以上、わが家のベビーゲートDIYブログでした!VIVAダイソー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください